ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imtool

イメージ ビューアー アプリ

構文

imtool
imtool(I)
imtool(I,[low high])
imtool(RGB)
imtool(BW)
imtool(X,map)
imtool(filename)
hfigure = imtool(...)
imtool close all
imtool(...,param1,val1,param2,val2,...)

説明

imtool は、イメージ ビューアー アプリを空の状態で開きます。表示するイメージを選択するために、[ファイル] メニューの [開く] または [ワークスペースからインポート] オプションを使用します。

imtool(I) は、イメージ ビューアーでグレースケール イメージ I を表示します。

imtool(I,[low high]) は、ベクトル [low high]I の表示範囲を指定して、イメージ ビューアーでグレースケール イメージ I を表示します。値 low (と low より小さい値) は黒で表示され、値 high (と high より大きい値) は白で表示されます。その間の値は、中間のグレー階調で表示されます。イメージ ビューアーは既定数のグレー レベルを使用します。[low high] に対して空行列 ([]) を使用する場合、イメージ ビューアーは [min(I(:)) max(I(:))] を使用します。これにより、I の最小値は黒、最大値は白として表示されます。

imtool(RGB) は、イメージ ビューアーでトゥルーカラー イメージ RGB を表示します。

imtool(BW) は、イメージ ビューアーでバイナリ イメージ BW を表示します。0 のピクセル値は黒として表示され、1 のピクセル値は白として表示されます。

imtool(X,map) は、カラーマップ map をもつインデックス付きイメージ X をイメージ ビューアーで表示します。

imtool(filename) は、グラフィックス ファイル filename に格納されたイメージをイメージ ビューアーで表示します。ファイルは、imread または dicomread で読み取り可能なイメージ、または rsetwrite で作成された解像度を下げたデータセット (R-Set) を含んでいなければなりません。ファイルが複数のイメージを含む場合、最初の 1 つが表示されます。ファイルは、現在のディレクトリまたは MATLAB® パス上になければなりません。

hfigure = imtool(...) は、イメージ ビューアーで作成された Figure のハンドル hfigure を返します。close(Hfigure) はイメージ ビューアーを閉じます。

imtool close all は、開いているすべてのイメージ ビューアーを閉じます。

imtool(...,param1,val1,param2,val2,...) は、イメージの表示のさまざまな特性を制御するパラメーターとそれに対応する値を指定して、イメージを表示します。次の表は、すべての imshow パラメーターの一覧です。パラメーター名は省略形でも構いません。大文字と小文字は区別されません。

パラメーター

'Colormap'

Figure の colormap プロパティを使用するためにカラーマップを指定する 2 次元の実数の m 行 3 列の行列。疑似色でグレースケール イメージを表示するには、このパラメーターを使用してください。空のカラーマップ ([]) を指定すると、imtool はこのパラメーターを無視します。

'DisplayRange'

グレースケール イメージの表示範囲を制御する 2 要素ベクトル [LOW HIGH]。このパラメーターの設定方法の詳細については、imtool(I,[low high]) 構文の項を参照してください。

メモ

パラメーター名を含むことは、イメージがファイル名により指定されるとき以外では、オプションです。構文 imtool(I,[LOW HIGH]) は、imtool(I,'DisplayRange',[LOW HIGH]) と等価です。ただし、imtool(filename,'DisplayRange',[LOW HIGH]) のように、'DisplayRange' パラメーターは、ファイル名を付けて構文 imtool を呼び出す場合に指定しなければなりません。

'InitialMagnification'

イメージの表示に使用される初期倍率。'adaptive''fit' または数値のスカラー値として指定します。

'adaptive' に設定すると、初期表示で全体のイメージが表示されます。イメージが大きすぎてスクリーン上で表示できない場合、イメージ ビューアーは、スクリーンに収まる最も大きい倍率でイメージを表示します。

'fit' に設定すると、イメージ ビューアーではイメージ全体がウィンドウに収まるように拡大縮小されます。

値が数値に設定されている場合、その値は倍率をパーセンテージで指定します。たとえば、100 を指定した場合、イメージ ビューアーでは、100% の倍率 (イメージ ピクセルあたり 1 スクリーン ピクセル) でイメージを表示します。

メモ

イメージの縦横比が、指定された倍率でいずれかの次元の表示が 1 ピクセル未満になるような場合、イメージ ビューアーで警告が出力され、イメージは 100% で表示されます。

既定の設定では、初期倍率パラメーターは、iptgetpref('ImtoolInitialMagnification') によって返される値に設定されます。

クラス サポート

トゥルーカラー イメージは、uint8uint16singledouble のいずれかです。インデックス付きイメージは、logicaluint8singledouble のいずれかです。グレースケール イメージは、uint8uint16int16singledouble のいずれかです。バイナリ イメージは logical でなければなりません。バイナリ イメージのクラスは logical です。

整数型をもつグレースケール イメージの場合、既定の表示範囲は [intmin(class(I)) intmax(class(I))] です。

グレースケール イメージが single クラスまたは double クラスの場合、既定の表示範囲は [0 1] になります。single または double イメージのデータ範囲が、既定の表示範囲より大きすぎるか、小さすぎる場合、既定の表示範囲を使用して表示されないイメージ内の特徴を見るために、表示範囲の設定を試行する必要があるかもしれません。

大規模データのサポート

メモリに収まらない非常に大きな TIFF または NITF イメージを表示するには、rsetwrite を使用して、イメージ ビューアー内で表示可能な解像度を下げたデータセット (R-Set) を作成できます。メモリに収まる場合でも、R-Set を使用すると、大きいイメージに対するイメージ ビューアーのパフォーマンスを向上できます。

概要、ズーム、移動、イメージ情報、距離などのツールは R-Set とともに使用できます。その他のツールは、R-Set と一緒には使用できません。ピクセル領域、コントラスト調整、イメージ トリミング、およびウィンドウ/レベル ツールは使用できません。ピクセル情報ツールに表示されるのは、ピクセルの x および y 座標のみで、関連する強度、インデックス、[R G B] 値は表示されないことに注意してください。

関連するツールボックス設定

Image Processing の設定ダイアログ ボックスを使用すると、イメージ ビューアーの動作を変更するさまざまなツールボックスの設定が可能です。このダイアログにアクセスするには、MATLAB デスクトップまたはイメージ ビューアー メニューの [ファイル][設定] を選択します。また、関数 iptsetpref を使用してプログラム的にこれらの設定を行うこともできます。イメージ ビューアーの設定には以下のものが含まれます。

  • 'ImtoolInitialMagnification' は、イメージ表示に対する初期倍率を制御します。このツールボックスの設定をオーバーライドするには、imtool を呼び出すときに、以下のように 'InitialMagnification' パラメーターを指定します。

    imtool(...,'InitialMagnification',initial_mag).

  • 'ImtoolStartWithOverview' は、イメージ ビューアーを使用してイメージを開く場合に、自動的に概要ツールを開くかどうかを制御します。取りうる値は以下のとおりです。

    true— イメージを開くときに概要ツールを開く。

    {false}— イメージを開くときに概要ツールを開かない。これは既定の動作です。

これらの設定の詳細は、「iptprefs」を参照してください。

ファイルのイメージを表示します。

imtool('board.tif')

インデックス付きイメージを表示します。

[X,map] = imread('trees.tif');
imtool(X,map)

グレースケール イメージを表示します。

I = imread('cameraman.tif');
imtool(I)

表示範囲を調整して、グレースケール イメージを表示します。

h = imtool(I,[0 80]);
close(h)

ヒント

imshow は、イメージ表示のための figure、axes、および image オブジェクトのプロパティ設定を最適化するためのツールボックスの基本のイメージ表示関数です。イメージ ビューアーは、imshow のすべてのイメージ表示機能に加えて、ピクセル領域ツール、イメージ情報ツール、コントラスト調整ツールなど、イメージ内を移動したり調査したりするためのその他のツールを利用することができます。イメージ ビューアーでは、イメージの表示といくつかの一般的な画像処理タスクを行うための統合環境が提供されます。

イメージ ビューアーには、[アプリ] タブからアクセスできます。[画像処理とコンピューター ビジョン] グループに移動して、[イメージ ビューアー] を選択します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?