ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imshowpair

イメージ間の差の比較

構文

obj = imshowpair(A,B)
obj = imshowpair(A,RA,B,RB)
obj = imshowpair(___,method)
obj = imshowpair(___,Name,Value)

説明

obj = imshowpair(A,B) は、イメージ AB の間の差の可視化を作成します。AB のサイズが異なる場合、imshowpair は、両方のイメージが同じサイズになるように、小さい方のイメージの下端と右端を 0 でパディングします。imshowpair は image オブジェクト obj を返します。

obj = imshowpair(A,RA,B,RB) は、RA および RB で提供される空間参照情報を使用して、イメージ AB の差を表示します。RA および RB は空間参照オブジェクトです。

obj = imshowpair(___,method)method で指定された可視化メソッドを使用します。

obj = imshowpair(___,Name,Value) は、上記の任意の構文を用いて、1 つまたは複数の Name,Value の引数のペアをもつ追加オプションを指定します。

すべて折りたたむ

'diff''blend' の 2 つの異なる可視化メソッドを使用してグレースケール イメージのペアを表示します。

イメージをワークスペースに読み込みます。コピーを作成して、回転オフセットを適用します。

A = imread('cameraman.tif');
B = imrotate(A,5,'bicubic','crop');

AB の差を表示します。

imshowpair(A,B,'diff');

混合オーバーレイ AB を表示します。

figure;
imshowpair(A,B,'blend','Scaling','joint');

イメージを読み取ります。コピーを作成して、回転および輝度の調整を適用します。

A = dicomread('CT-MONO2-16-ankle.dcm');
B = imrotate(A,10,'bicubic','crop');
B = B * 0.2;

この場合、イメージ AB の解像度は 0.2 mm であることがわかっています。2 つの空間参照オブジェクトを使用してこの情報を提供します。

RA = imref2d(size(A),0.2,0.2);
RB = imref2d(size(B),0.2,0.2);

既定のメソッド ('falsecolor') を使用してイメージを表示し、各イメージに別々の輝度スケーリングを適用します。imshowpair によって作成される image オブジェクトの親となる axes を指定します。

figure;
hAx = axes;
imshowpair(A,RA,B,RB,'Scaling','independent','Parent',hAx);

入力引数

すべて折りたたむ

表示されるイメージであり、グレースケール イメージ、トゥルーカラー イメージまたはバイナリ イメージとして指定されます。

表示されるイメージであり、グレースケール イメージ、トゥルーカラー イメージまたはバイナリ イメージとして指定されます。

入力イメージに関する空間参照情報。imref2d クラスの空間参照オブジェクトとして指定します。

入力イメージに関する空間参照情報。imref2d クラスの空間参照オブジェクトとして指定します。

結合イメージを表示するための可視化メソッド。次のいずれかの値に指定します。

説明
'falsecolor'異なるカラー帯域に重なっている AB を表示する合成 RGB イメージを作成します。合成イメージの灰色の領域は、2 つのイメージが同じ強度をもつ場所を示します。マゼンタと緑の領域は、強度が異なる場所を示します。これは既定のメソッドです。
'blend'アルファ ブレンディングを使用して AB を重ねます。
'diff'AB から差分イメージを作成します。
'montage'同じイメージで AB を隣り合わせて配置します。

例: imshowpair(A,B,'montage') は、AB を隣り合わせて表示します。

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: 'Scaling','joint' は、AB の強度値を 1 つのデータセットとして合わせてスケーリングします。

すべて折りたたむ

入力イメージごとの出力カラー チャネル。以下のいずれかの値に指定します。

[R G B]赤、緑、青のチャネルに割り当てるイメージを指定する 3 要素ベクトルです。R、G および B の値は、1 (最初の入力イメージ)、2 (2 番目の入力イメージ) および 0 (それ以外のイメージ) でなければなりません。
'red-cyan'ベクトル [1 2 2] のショートカットです。赤とシアンのステレオ アナグリフに適しています。
'green-magenta'ベクトル [2 1 2] のショートカットで、高いコントラストのオプションです。さまざまな種類の色覚異常の方に適しています。

imshowpair によって作成される image オブジェクトの親。axes オブジェクトとして指定します。

強度スケーリング オプション。以下のいずれかの値に指定します。

'independent'AB の強度値をそれぞれ別々にスケーリングします。
'joint'イメージ内の強度値を、同じイメージ内で共存していたかのように一緒にスケーリングします。このオプションは、他のイメージのダイナミック レンジ外にある埋め込み値を 1 つのイメージが含む、単一モード イメージのレジストレーションを可視化するときに便利です。
'none'追加のスケーリングはありません。

出力引数

すべて折りたたむ

2 つのイメージの可視化。image オブジェクトとして返されます。

ヒント

  • 関数 imfuse を使用して、ファイルに保存できる合成した可視化を作成します。関数 imshowpair を使用して、合成した可視化を画面に表示します。

R2012a で導入

この情報は役に立ちましたか?