ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imshow

構文

imshow(I)
imshow(X,map)
imshow(filename)
imshow(I,[low high])
imshow(___,Name,Value)
himage = imshow(___)
imshow(I,RI)
imshow(X,RX,map)
imshow(gpuarrayIM,___)

説明

imshow(I) は、イメージ I を Figure に表示します。ここで、I は、グレースケール イメージ、RGB (トゥルーカラー) イメージまたはバイナリ イメージです。バイナリ イメージの場合、imshow は値 0 (ゼロ) を黒とし、1 を白としてピクセルを表示します。imshow はイメージを表示するために figure、axes および image オブジェクトのプロパティを最適化します。

imshow(X,map) は、カラーマップ map をもつインデックス付きイメージ X を表示します。カラーマップ行列は、任意の行数をもつことができますが、列は 3 列でなければなりません。各行は、1 番目の要素が赤、2 番目が緑、3 番目が青の光の強度を指定する色として解釈されます。色の輝度は、0.0 ~ 1.0 の範囲で指定されます。

imshow(filename) は、filename で指定されたグラフィックス ファイルに保存されたイメージを表示します。

imshow(I,[low high]) は、表示範囲を 2 要素ベクトル [low high] の形で指定して、グレースケール イメージ I を表示します。詳細は、DisplayRange パラメーターを参照してください。

imshow(___,Name,Value) は、名前と値のペアを使用して演算の特性を制御し、イメージを表示します。

himage = imshow(___) は、imshow で作成された image オブジェクトを返します。

imshow(I,RI) は、関連付けられている 2 次元空間参照オブジェクト RI を用いてイメージ I を表示します。

imshow(X,RX,map) は、関連付けられている 2 次元空間参照オブジェクト RX およびカラーマップ map を用いて、インデックス付きイメージ X を表示します。

imshow(gpuarrayIM,___) は、gpuArray に含まれているイメージを表示します。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

すべて折りたたむ

RGB イメージをワークスペースに読み取り、それをグレースケール イメージに変換して、グレースケール イメージを表示します。

RGB イメージをワークスペースに読み取ります。

RGB = imread('peppers.png');

イメージをグレースケールに変換します。

I = rgb2gray(RGB);

グレースケール イメージを表示します。

imshow(I)

ファイルに保存されているイメージを表示します。

imshow('peppers.png');

サンプルのインデックス付きイメージ corn.tif をワークスペースに読み取って表示します。

[X,map] = imread('corn.tif');
imshow(X,map)

サンプルのインデックス付きイメージ corn.tif をワークスペースに読み取って表示します。

[X,map] = imread('corn.tif');
imshow(X,map)

関数 colormap を使用し、ターゲットの座標軸を最初の入力引数として指定して、イメージのカラーマップを変更します。元のカラーマップの赤要素を除いて使用します。

newmap = map;
newmap(:,1) = 0;
colormap(gca,newmap)

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('pout.tif');

イメージを表示します。座標軸の範囲はイメージのサイズを反映しています。

imshow(I)

入力イメージに関連付けられた空間参照オブジェクトを作成します。参照オブジェクトを使用して、ワールド座標系の x 軸と y 軸の範囲を設定します。

RI = imref2d(size(I));
RI.XWorldLimits = [0 3];
RI.YWorldLimits = [2 5];

空間参照オブジェクトを指定して、イメージを表示します。x 軸と y 軸の範囲が変更されていることに注意してください。

imshow(I,RI);

イメージを gpuArray に読み取ります。

X = gpuArray(imread('pout.tif'));

これを表示します。

figure; imshow(X)

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。グレースケール イメージ、RGB イメージまたはバイナリ イメージを表すスカラー、ベクトルまたは行列として指定します。複数平面のイメージ入力は、サイズが m x n x 3 の RGB イメージでなければなりません。RGB イメージは uint8uint16single または double のいずれかです。グレースケール イメージは任意の数値データ型にできます。バイナリ イメージのクラスは logical です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

インデックス付きイメージであり、実数値の 2 次元配列として指定されます。X の値は map で指定するカラーマップのインデックスです。

データ型: single | double | uint8 | logical

カラーマップ。[0 1] の範囲の single 型または double 型の m 行 3 列の配列または uint8 型の m 行 3 列の配列として指定します。各行が RGB カラーの値を指定します。

データ型: single | double | uint8

ファイル名。文字ベクトルとして指定します。イメージは imread によって読み取り可能でなければなりません。関数 imshow はイメージを表示しますが、イメージ データを MATLAB® ワークスペース内に保存しません。ファイルが複数のイメージを含んでいる場合、imshow にはファイルの最初のイメージが表示されます。

例: imshow('peppers.png')

データ型: char

グレースケール イメージの表示範囲。2 要素ベクトルとして指定します。詳細は、名前と値のペアの引数 'DisplayRange' を参照してください。

例: [50 250]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

入力イメージに関連付けられている 2 次元空間参照オブジェクトであり、imref2d オブジェクトとして指定されます。

インデックス付きイメージに関連付けられている 2 次元空間参照オブジェクトであり、imref2d オブジェクトとして指定されます。

グラフィックス処理装置 (GPU) で処理されるイメージであり、gpuArray オブジェクトとして指定されます。

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: imshow('board.tif','Border','tight')

すべて折りたたむ

Figure ウィンドウの境界スペース。'Border''tight' または 'loose' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。'loose' に設定した場合、Figure ウィンドウ内のイメージの周囲にスペースが追加されます。'tight' に設定した場合、Figure ウィンドウ内のイメージの周囲にスペースは追加されません。

イメージが非常に小さい場合または Figure のイメージやその座標軸の近くに他のオブジェクトがある場合、imshow はこのパラメーターの設定内容にかかわらず、境界スペースを使用する場合があります。

例: imshow('board.tif','Border','tight')

データ型: char

カラーマップ。'Colormap'm 行 3 列の行列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。imshow はこれを使用して座標軸のカラーマップを設定します。疑似色でグレースケール イメージを表示するには、このパラメーターを使用してください。空のカラーマップ ([]) を指定すると、imshow はこのパラメーターを無視します。

メモ

R2016b 以降、imshow は Figure ではなく、イメージを含む座標軸のカラーマップを変更します。

例: newmap = copper; imshow('board.tif','Colormap',newmap)

データ型: double

グレースケール イメージの表示範囲。[low high] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。関数 imshow は、値 low (および low よりも小さいすべての値) を黒で、値 high (および high よりも大きいすべての値) を白で表示します。lowhigh の間の値は、既定数のグレー レベルを使用して、中間のグレー階調で表示されます。空行列 ([]) を指定した場合、imshow[min(I(:)) max(I(:))] を使用します。つまり、I の最小値を黒、最大値を白として使用します。

メモ

ファイル名でイメージを指定する場合を除いて、パラメーター名の入力はオプションです。構文 imshow(I,[low high]) は、imshow(I,'DisplayRange',[low high]) と等価です。imshow をファイル名と共に呼び出す場合は、'DisplayRange' パラメーターを指定しなければなりません。

例: h = imshow(I,'DisplayRange',[0 80]);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

イメージ表示の初期倍率。'InitialMagnification' と数値スカラーまたは 'fit' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。100 に設定すると、imshow は、100% の倍率 (イメージ ピクセルごとに 1 つのスクリーン ピクセル) でイメージを表示します。'fit' に設定すると、imshow はイメージ全体をウィンドウに合わせてスケーリングします。

imshow は最初に必ずイメージ全体を表示します。倍率の値が、イメージをスクリーン上に表示するには大きすぎる場合、imshow は警告を出力し、スクリーンに収まる最も大きな倍率でイメージを表示します。

'WindowStyle' プロパティが 'docked' に設定されている Figure にイメージが表示される場合、imshow は警告を出力し、Figure に収まる最大の倍率でイメージを表示します。

メモ: 座標軸の位置を指定すると (subplot または axes を使用)、imshow は、指定されている初期の倍率を無視し、'fit' の動作を既定の設定にします。

imshow'Reduce' パラメーターと共に使用する場合、初期倍率は 'fit' でなければなりません。

例: h = imshow(I,'InitialMagnification','fit');

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char

image オブジェクトの親の座標軸。'Parent' と axes オブジェクトで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。名前と値の引数 'Parent' を使用して、Figure および座標軸のプロパティの制御を可能にする UI を作成します。

イメージのサブサンプリングのインジケーター。'Reduce'truefalse1 または 0 のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この引数は TIFF ファイルの名前と共に使用する場合にのみ有効です。非常に大きなイメージの概要を表示するために、Reduce 引数を使用します。

データ型: logical

既定以外の座標系の X 軸の範囲。'XData' と 2 要素ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この引数は、イメージ XData を指定することにより、既定ではない空間座標系を設定します。値には 3 つ以上の要素を指定できますが、imshow は最初と最後の要素しか使用しません。

例: 'XData',[100 200]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の Y 軸の範囲。'YData' と 2 要素ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。値には 3 つ以上の要素を指定できますが、imshow は最初と最後の要素しか使用しません。

例: 'YData',[100 200]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

imshow によって作成されるイメージ。1 つの image オブジェクトとして指定します。

ヒント

  • イメージを作成した後にカラーマップを変更するには、colormap コマンドを使用します。イメージを含む座標軸を最初の入力引数に、必要なカラーマップを 2 番目の入力引数に指定します。たとえば、表示されたイメージのカラーマップの変更を参照してください。

  • 関数 imshow と関数 subplot を使用すると、異なるカラーマップをもつ複数イメージを同じ Figure に表示できます。

  • Image Processing Toolbox™ をお持ちの場合、イメージの表示や一般的な画像処理タスクの実行のための統合環境としてイメージ ビューアー アプリを使用できます。

  • Image Processing Toolbox をお持ちの場合、imshow の動作を変更するツールボックスの設定を、関数 iptsetpref を使用して設定できます。

  • MATLAB を -nojvm オプションで開始した場合、関数 imshow はサポートされません。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?