ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

implay

ムービー、ビデオ、イメージ シーケンスを再生

構文

implay
implay(filename)
implay(I)
implay(..., FPS)

説明

implay はビデオ ビューアー アプリを開きます。ビデオ ビューアー アプリを使用して、MATLAB® ムービー、ビデオまたはイメージ シーケンス (イメージ スタックとも呼ばれる) を表示することができます。再生するムービーまたはイメージ シーケンスを選択するには、Video Viewer の [ファイル] メニューを使用します。ムービーの再生、イメージ シーケンス内の特定のフレームへのジャンプ、表示のフレーム レートの変更には、Video Viewer のツール バーのボタンまたはメニュー オプションを使用します。複数の Video Viewer を開くと、異なるムービーを同時に表示できます。

次の図は、イメージ シーケンスを含む Video Viewer アプリを示しています。

implay(filename) は、Video Viewer アプリを開き、filename で指定されたファイルの内容を表示します。ファイルは AVI (Audio Video Interleaved) ファイルでもかまいません。Video Viewer は、一度に 1 フレームずつ読み取り、再生中にメモリを節約します。Video Viewer は、オーディオ トラックは再生しません。

implay(I) は、Video Viewer アプリを開き、I で指定されたマルチフレームのイメージ配列内の最初のフレームを表示します。I は、MATLAB のムービー構造体か、バイナリ イメージ、グレースケール イメージ またはトゥルーカラー イメージのシーケンスのいずれかです。バイナリ イメージまたはグレースケール イメージのシーケンスは M x N x 1 x K の配列または M x N x K の配列になります。トゥルーカラー イメージのシーケンスは M x N x 3 x K の配列でなければなりません。

implay(..., FPS) は、ムービーまたはイメージ シーケンスの表示のレートを指定します。フレーム レートは、秒単位のフレーム数として指定されます。省略すると、Video Viewer はファイル内で指定されるフレーム レート、または既定値 20 を使用します。

クラス サポート

I は数値でかまいませんが、uint8 を推奨します。ピクセルの表示に使用した実際のデータ型は、ソース データ型と異なる場合があります。

イメージのシーケンスをアニメーション化します。

load cellsequence
implay(cellsequence,10);

MRI イメージのスタックを視覚的に探索します。

load mristack
implay(mristack);

AVI ファイルを再生します。

implay('rhinos.avi');

ヒント

  • Video Viewer アプリは、[アプリ] タブから開くこともできます。[画像処理とコンピューター ビジョン] グループに移動して、[Video Viewer] をクリックします。

R2007b で導入

この情報は役に立ちましたか?