ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

impixelinfo

ピクセル情報ツール

構文

impixelinfo
impixelinfo(h)
impixelinfo(hparent,himage)
hpanel = impixelinfo(...)

説明

impixelinfo は、現在の Figure 内に ピクセル情報ツールを作成します。ピクセル情報ツールは、ポインターの位置するイメージ内のピクセルに関する情報を表示します。このツールは、Figure 内のすべてのイメージのピクセル情報を表示できます。

ピクセル情報ツールは、Figure の左下隅に位置する uipanel オブジェクトです。このツールでは、テキスト ラベル Pixel info: の後ろにピクセル情報が表示されます。ポインターをイメージの上に移動する前は、ツールには既定のピクセル情報テキスト (X,Y) Pixel Value が表示されます。ポインターをイメージの上に移動すると、次の表に示したように、表示される情報はイメージ タイプによって異なります。ポインターをイメージから外すと、そのイメージ タイプの既定のピクセル情報ラベルが表示されます。

イメージ タイプ

ピクセル情報

強度

(X,Y) Intensity

(13,30) 82

インデックス付き

(X,Y) <index> [R G B]

(2,6) <4> [0.29 0.05 0.32]

バイナリ

(X,Y) BW

(12,1) 0

トゥルーカラー

(X,Y) [R G B]

(19,10) [15 255 10]

CDataMapping プロパティが direct に設定された浮動小数点イメージ

(X,Y) value <index> [R G B]

(19,10) 82 <4> [15 255 10]

たとえば、グレースケール (強度) イメージの場合、ピクセル情報ツールは、次の図に示したようにピクセルの x および y 座標を表示します。

"ピクセル情報" ラベルなしでピクセル情報を表示するには、関数 impixelinfoval を使用してください。

impixelinfo(h) は、h で指定された Figure 内にピクセル情報ツールを作成します。ここで、h は image、axes、uipanel、figure のいずれかのオブジェクトのハンドルです。axes、uipanel または figure オブジェクトには image オブジェクトが少なくとも 1 つ含まれていなければなりません。

impixelinfo(hparent,himage) は、himage 内のピクセルに関する情報を提供するピクセル情報ツールを hparent 内に作成します。himage はイメージのハンドルまたはイメージのハンドルの配列です。hparent は、ピクセル情報ツールを含んでいる Figure または uipanel オブジェクトのハンドルです。

hpanel = impixelinfo(...) は、ピクセル情報ツールのハンドルを返します。

メモ:

ピクセル情報ラベルをクリップボードにコピーするには、ポインターをピクセル上に置いて右クリックしてください。コンテキスト メニューから [ピクセル情報のコピー] を選択します。

イメージを表示し、ピクセル情報ツールを Figure に追加します。この例では、ツールの uipanel オブジェクトのプロパティを使用して、Figure 内のツールの位置を変更する方法を示します。

h = imshow('hestain.png');
hp = impixelinfo;
set(hp,'Position',[5 1 300 20]);

異なるタイプの複数のイメージを格納する Figure 内でピクセル情報ツールを使用します。

figure
subplot(1,2,1), imshow('liftingbody.png');
subplot(1,2,2), imshow('autumn.tif');
impixelinfo;

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?