ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imoverlay

バイナリ イメージを 2 次元イメージに書き込む

構文

B = imoverlay(A,BW)
B = imoverlay(___,color)

説明

B = imoverlay(A,BW) は、グレースケールまたは RGB の入力イメージ A に対して、入力バイナリ マスク BWtrue となる場所を単色で塗りつぶします。

B = imoverlay(___,color) では、imoverlay がイメージの塗りつぶしに使用する色を指定できます。color は有効な MATLAB® カラー スペックです。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

すべて折りたたむ

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

A = imread('cameraman.tif');

バイナリ イメージをワークスペースに読み取ります。

BW = imread('text.png');

使用する色を選択して、バイナリ イメージをグレースケール イメージに書き込みます。

B = imoverlay(A,BW,'yellow');

結果を表示します。

figure
imshow(B)

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。実数、非スパースの 2 次元行列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical

マスク イメージ。A と同じサイズの 2 次元論理行列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical

重ね書きに使用される色。MATLAB カラー スペックとして指定します。たとえば、赤色を指定する場合、'red''r' または [1 0 0] のように指定できます。

出力引数

すべて折りたたむ

出力イメージ。uint8 クラスの 2 次元行列として返されます。

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

コード生成時、色を文字ベクトルとして指定した場合、文字ベクトルはコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

R2016a で導入

この情報は役に立ちましたか?