ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

err = immse(X,Y)

説明

err = immse(X,Y) は配列 XY の間の MSE (平均二乗誤差) を計算します。XY には任意の次元の配列を指定できますが、サイズとクラスは同じでなければなりません。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

すべて折りたたむ

イメージを読み取り、それを表示します。

ref = imread('pout.tif');
imshow(ref)

参照イメージのコピーにノイズを追加して、別のイメージを作成します。

A = imnoise(ref,'salt & pepper', 0.02);
imshow(A)

2 つのイメージの間の平均二乗誤差を計算します。

err = immse(A, ref);
fprintf('\n The mean-squared error is %0.4f\n', err);
 The mean-squared error is 353.7631

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。非スパースの数値配列として指定します。

例: err = immse(I,I2);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

入力配列。非スパースの数値配列として指定します。

例: err = immse(I,I2);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

出力引数

すべて折りたたむ

平均二乗誤差。double クラスのスカラーとして返されます。入力引数のクラスが single の場合には、err のクラスは single になります。

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

参考

| | | | |

R2014b で導入

この情報は役に立ちましたか?