ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imhist

イメージ データのヒストグラム

構文

imhist(I)
imhist(I,n)
imhist(X,map)
[counts,binLocations] = imhist(I)
[counts,binLocations] = imhist(gpuarrayI,___)

説明

imhist(I) は強度イメージ I のヒストグラムを計算し、このヒストグラムのプロットを表示します。ヒストグラムの中のビン数は、イメージ タイプによって決まります。

imhist(I,n) はヒストグラムを計算します。ここで、I はヒストグラムで使用するビンの数を指定します。また、n はヒストグラム プロットの下部に表示されるカラーバーの長さも指定します。

imhist(X,map) は、インデックス付きイメージ X のヒストグラムを表示します。このヒストグラムは、カラーマップ map のカラーバー上でのピクセル値の分布を示します。カラーマップは、少なくとも X の中の最大インデックスと同じ長さでなければなりません。ヒストグラムは、カラーマップの中の各エントリを 1 つのビンとします。

[counts,binLocations] = imhist(I) は、引数 counts にヒストグラムのカウントを、binLocations にビンの位置を返します。これらの値は、関数stem(binLocations,counts) を使用して、ヒストグラムを表示できます。インデックス付きイメージの場合は、imhist は、各カラーマップ エントリのヒストグラムのカウントを返します。counts の長さはカラーマップの長さと同じです。

[counts,binLocations] = imhist(gpuarrayI,___) は GPU でヒストグラム計算を実行します。入力イメージと戻り値は gpuArray です。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。入力イメージが gpuArray の場合は、imhist はヒストグラムを自動的に表示しません。ヒストグラムを表示するには、stem(binLocations,counts) を使用します。

すべて折りたたむ

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('pout.tif');

イメージのヒストグラムを表示します。I はグレースケールのため、既定の設定では、ヒストグラムのビンは 256 個になります。

imhist(I)

3 次元データセットを読み込みます。

load mristack

データのヒストグラムを表示します。このイメージはグレースケールのため、imhist は既定の設定で 256 個のビンを使用します。

imhist(mristack)

uint16 クラスの配列を作成します。

I = gpuArray(imread('pout.tif'));

ヒストグラムを計算します。imhist は、GPU で実行した場合はヒストグラムのプロットを自動的に表示しないため、この例では stem を使用してヒストグラムをプロットします。

[counts,x] = imhist(I);
stem(x,counts);

入力引数

すべて折りたたむ

入力強度イメージ。数値配列として指定します。I は 2 次元、3 次元または N 次元のいずれかになります。

例: I = imread('cameraman.tif');

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | logical

ビンの数。数値スカラーとして指定します。I がグレースケール イメージの場合、imhist は既定値として 256 個のビンを使用します。I がバイナリ イメージの場合、imhist は 2 つのビンを使用します。

例: [counts,x] = imhist(I,50);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

入力インデックス付きイメージ。数値配列として指定します。X は 2 次元、3 次元または N 次元のいずれかになります。

例: [X,map] = imread('trees.tif');

データ型: single | double | uint8 | uint16 | logical

インデックス付きイメージと関連付けられたカラーマップ。p 行 3 列の配列として指定します。

例: [X,map] = imread('trees.tif');

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | logical

入力イメージ。gpuArray として指定します。

例: gpuarrayI = gpuArray(imread('cameraman.tif'));

出力引数

すべて折りたたむ

ヒストグラムのカウント。数値配列として返されます。

ビンの位置。数値配列として返されます。

ヒント

  • 強度イメージについて、ヒストグラムの n 個のビンは、それぞれ幅 A/(n−1) の半開区間になります。特に、p 番目のビンの半開区間は、次のようになります。

    A(p1.5)(n1)Bx<A(p0.5)(n1)B,

    ここで、x は強度値です。倍率 A とオフセット B は、以下のようにイメージ クラスの型によって異なります。

     doublesingleint8int16int32uint8uint16uint32logical
    A112556553542949672952556553542949672951
    B001283276821474836480000

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?