ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imhandles

すべての Image オブジェクトを取得

構文

imageobj = imhandles(parentobj)

説明

imageobj = imhandles(parentobj) は、先祖が parentobj である image オブジェクトをすべて返します。parentobj は、有効な figure、axes、image または uipanel のオブジェクトの配列です。

imhandles はカラーバーを無視します。

メモ:

imhandles は、image オブジェクトがそれらの親と同じ Figure ではない場合、エラーを返します。

現在の座標軸の image オブジェクトを返します。

figure, imshow('moon.tif');
imageobj = imhandles(gca)

Figure に 2 つのイメージを表示し、imhandles を使用して、Figure の両方の image オブジェクトを取得します。

subplot(1,2,1), imshow('autumn.tif');
subplot(1,2,2), imshow('glass.png');
imageobjs = imhandles(gcf)

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?