ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imgetfile

Open Image ダイアログ ボックスを表示

構文

[filename,user_canceled] = imgetfile
[filename,user_canceled] = imgetfile(Name,Value)

説明

[filename,user_canceled] = imgetfile は Open Image ダイアログ ボックスを表示します。イメージング アプリケーションでこのダイアログ ボックスを使用し、開くイメージ ファイルの名前を取得します。[イメージを開く] ダイアログ ボックスには、サポートされているイメージ ファイル形式 (imformats を参照) を使用するファイルと DICOM ファイルのみが含まれています。ファイルを選択して [開く] をクリックすると、imgetfilefilename でファイルの絶対パスを返し、user_canceled の戻り値を false に設定します。[キャンセル] をクリックすると、imgetfilefilename で空の文字ベクトル ('') を返し、user_canceled の戻り値を true に設定します。

メモ

[イメージを開く] ダイアログ ボックスはモーダルです。すなわち、応答があるまで MATLAB® のコマンド ラインはブロックされます。

[filename,user_canceled] = imgetfile(Name,Value) は、その動作の特性を制御する場合に使用できる名前と値のパラメーター引数をサポートします。

すべて折りたたむ

[イメージを開く] ダイアログ ボックスを開き、Image Processing Toolbox™ のサンプル イメージを含むフォルダーを表示します。

sample_image_folder = fullfile(matlabroot,'toolbox/images/imdata');

[filename,user_canceled] = imgetfile('InitialPath',sample_image_folder)

リストにあるイメージを選択して [開く] をクリックします。imgetfile は選択されたイメージ ファイルの絶対パスを文字ベクトルで返します。関数 user_canceled の戻り値は false に設定されます。

filename =

C:\Program Files\MATLAB\R2016b\toolbox\images\imdata\cameraman.tif


user_canceled =

  logical

   0

[イメージを開く] ダイアログ ボックスを開きます。この例では、システムの C: ドライブにサンプル イメージの格納フォルダーがあると想定しています。

[filename,user_canceled] = imgetfile('InitialPath','C:\Temp\SampleImages','MultiSelect',true)

Shift キーを押しながらクリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックして、リスト内のイメージを複数選択します。

[開く] をクリックします。imgetfile は各イメージ ファイルの絶対パスを含む文字ベクトルのセル配列を返します。関数 user_canceled の戻り値は false に設定されます。

filename =

  1×5 cell array

  Columns 1 through 3

    'C:\Temp\SampleIma…'    'C:\Temp\SampleIma…'    'C:\Temp\SampleIma…'

  Columns 4 through 5

    'C:\Temp\SampleIma…'    'C:\Temp\SampleIma…'


user_canceled =

  logical

   0

入力引数

すべて折りたたむ

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: [fname,user_canc] = imgetfile('InitialPath','C:\temp')

すべて折りたたむ

[イメージを開く] ダイアログ ボックスを開いたときに表示されるフォルダー。文字ベクトルとして指定します。パスの初期値を指定しない場合、imgetfile はイメージが正常に選択された最後の場所でダイアログ ボックスを開きます。

データ型: char

選択モード。boolean スカラーまたは文字ベクトル ('on' または 'off') として指定します。値 true または 'on' により複数選択をオンにすると、ダイアログ ボックスで Shift キーを押しながらクリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックして複数のイメージを選択できます。値 false または 'off' は複数選択をオフにします。複数選択がオンの場合、出力パラメーター filename は選択されたファイルの絶対パスを含む文字ベクトルのセル配列になります。

データ型: logical | char

出力引数

すべて折りたたむ

ユーザーによって選択されたイメージ (複数可) の絶対パス。文字ベクトルまたは文字ベクトルのセル配列として返されます。ユーザーが [キャンセル] をクリックした場合、filename は空の文字ベクトル ('') になります。

ユーザーのクリックによるキャンセル。boolean スカラーとして返されます。ユーザーが [キャンセル] をクリックすると、値は true になり、ユーザーがイメージ (複数可) を選択すると、値は false になります。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?