ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imcontrast

コントラスト調整ツール

構文

imcontrast
imcontrast(h)
hfigure = imcontrast(...)

説明

imcontrast は、コントラスト調整ツールを別の Figure に作成し、ターゲット イメージと呼ばれる、現在の Figure 内のグレースケール イメージと関連付けます。次の図に示すコントラスト調整ツールは、コントラストおよび輝度の対話型調整ツールで、イメージを表示するために使われる黒から白への写像を調整するために使用できます。ツールを使用すると、imcontrast は、座標軸の CLim プロパティを変更して、表示されたイメージのコントラストを調整します。ターゲット イメージの実際のピクセル値を変更するには、[データの調整] ボタンをクリックします (このボタンは、イメージのコントラストを変更するまで使用できません)。ツールの使用方法の詳細は、ヒントを参照してください。

メモ:

コントラスト調整ツールは、クラスが double および single でデータ範囲が既定の表示範囲 ([0 1]) を超えるグレースケール イメージを処理できます。これらのイメージに対し、imcontrast は、ヒストグラムの範囲を設定し、上限と下限をパディングしてイメージ データ範囲と一致させます。

imcontrast(h) は、ハンドル h で指定されたイメージと関連付けられるコントラスト調整ツールを作成します。h は、figure、axes、uipanel または image オブジェクトのハンドルです。h が axes または figure ハンドルの場合、imcontrast は、findobj(H,'Type','image') が返した最初のイメージを使用します。

hfigure = imcontrast(...) は、コントラスト調整ツールの Figure のハンドルを返します。

imshow('pout.tif')
imcontrast(gca)

ヒント

コントラスト調整ツールは、ピクセル値がスケーリングされたヒストグラムを表します (過剰なピクセル値は、明確にするために切り捨てられます)。ヒストグラム表示の左側の赤いバーをドラッグすると、最小値が変わります。最小値 (および最小値より小さな任意の値) は、黒で表示されます。ヒストグラムの右側の赤いバーをドラッグすると、最大値が変わります。最大値 (および最大値より 大きい任意の値) は、白で表示されます。赤いバーの間の値は、薄いグレーで表示されます。

最小値と最大値は共に "ウィンドウ" を作成します。ウィンドウを拡大すると、コントラストが低くなります。ウィンドウを縮小すると、コントラストが高くなります。ウィンドウの中心を変更すると、イメージの輝度が変わります。ウィンドウの最小値、最大値、幅、中心値は、手動で入力できます。いずれかの値を変更すると、他の値とイメージが自動的に更新されます。

コントラスト調整ツールの使用方法の詳細は、「イメージ ビューアー アプリでのイメージ コントラストの調整」を参照してください。

対話型のウィンドウ/レベル

ターゲット イメージ内でマウスをクリック アンド ドラッグすると、イメージのウィンドウの値が対話形式で変更されます。マウスを左から右に横方向にドラッグ すると、ウィンドウの幅 (コントラスト) が変わります。マウスを上下に縦方向にドラッグすると、ウィンドウの中心 (輝度) が変わります。マウスをクリック アンド ドラッグする前に Ctrl キーを押すと、変化の速度が速くなります。マウスをクリック アンド ドラッグする前に Shift キーを押すと、変化の速度が遅くなります。キーは、クリック アンド ドラッグする前に押さなければなりません。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?