ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imattributes

イメージ属性に関する情報

構文

attrs = imattributes
attrs = imattributes(himage)
attrs = imattributes(imgmodel)

説明

attrs = imattributes は現在の Figure のイメージに関する情報を返します。現在の Figure にイメージが含まれていない場合、imattributes は空の配列を返します。

attrs = imattributes(himage) は、イメージ オブジェクトのハンドル himage で指定されたイメージに関する情報を返します。imattributes は、イメージ オブジェクトの CData を照会することでイメージ属性を取得します。

imattributes は、イメージのタイプに応じて、4 行 2 列または 6 行 2 列のセル配列の attrs 内のイメージの属性情報を返します。セル配列の最初の列は属性名を含みます。2 列目には、属性値が格納されます。属性名および値は両方とも文字ベクトルです。次の表は、これらの属性をセル配列に現れる順にリストします。

属性名

'Width (columns)'

イメージ内の列数

'Height (rows)'

イメージ内の行数

'Class'

uint8 のようなイメージで使用されるデータ型

    メモ:   singleint16 イメージの場合、imageinfoは、イメージ オブジェクトがそれらのクラスの CData を double に変換するため、クラス値 of double を返します。

'Image type'

Image Processing Toolbox™ ソフトウェアで識別されるいずれかのイメージ タイプ: 'intensity'truecolor''binary'、あるいは 'indexed' のいずれかの文字列となることができます。

'Minimum intensity'

強度イメージの場合、この値は任意のピクセルの最も低い強度値を表します。

インデックス付きイメージの場合、この値はカラーマップの最も低い強度を表します。

'binary' または 'truecolor' イメージにはありません。

'Maximum intensity'

強度イメージの場合、この値は任意のピクセルの最も高い強度値を表します。

インデックス付きイメージの場合、この値はカラーマップの最も高いインデックス値を表します。

'binary' または 'truecolor' イメージにはありません。

attrs = imattributes(imgmodel) は、イメージ モデル オブジェクト imgmodel で表されるイメージに関する情報を返します。

グレースケール イメージの属性を読み取ります。

h = imshow('liftingbody.png');
attrs = imattributes(h)
attrs = 

    'Width (columns)'      '512'      
    'Height (rows)'        '512'      
    'Class'                'uint8'    
    'Image type'           'intensity'
    'Minimum intensity'    '0'        
    'Maximum intensity'    '255'

トゥルーカラー イメージの属性を読み取ります。

h = imshow('gantrycrane.png');
im = imagemodel(h);
attrs = imattributes(im)
attrs = 

    'Width (columns)'    '400'      
    'Height (rows)'      '264'      
    'Class'              'uint8'    
    'Image type'         'truecolor'

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?