ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imapplymatrix

カラー チャネルの線形結合

構文

Y = imapplymatrix(M,X)
Y = imapplymatrix(M,X,C)
Y = imapplymatrix(...,output_type)

説明

Y = imapplymatrix(M,X) は、X のカラー チャンネルをもつ M の行の線形結合を計算します。

Y = imapplymatrix(M,X,C) は、X のカラー チャンネルをもつ M の行の線形結合を計算し、対応する定数値を C から各結合に追加します。

Y = imapplymatrix(...,output_type) は、タイプ output_type の配列内の線形結合の結果を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

各カラー チャネルの重み係数。数値配列として指定します。X のサイズが m × n × p の場合は、M は q 行 p 列でなければなりません。ただし、q は範囲 [1,p] 内です。Mdouble 型でなければなりません。

データ型: double

入力イメージ。m x n x p のサイズの数値配列として指定します。

線形結合時に各チャネルに加算する定数。長さ q の数値ベクトルとして指定します。ここで、q は M の行数です。

データ型: double

出力データ型。'double''single''uint8''uint16''uint32''int8''int16' または 'int32' のいずれかの文字ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

M の行と X のカラー チャネルの線形結合で構成される出力イメージ。output_type が指定されない場合、Y のデータ型は X と同じになります。

すべて折りたたむ

この例では、3 つのカラー チャネルの線形結合を計算してグレースケール イメージを作成する方法を説明します。

トゥルーカラー イメージをワークスペースに読み取ります。

RGB = imread('peppers.png');

係数行列を作成します。

M = [0.30, 0.59, 0.11];

係数行列を使用して RGB チャネルの線形結合を計算します。

gray = imapplymatrix(M, RGB);

元のイメージとグレースケール変換を表示します。

imshowpair(RGB,gray,'montage')

R2011b で導入

この情報は役に立ちましたか?