Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イメージ ビューアー

イメージの表示と調査

説明

イメージ ビューアー アプリでは、イメージの表示と一般的なイメージ処理タスクを行うための統合環境が提供されます。

イメージ ビューアーは、イメージ表示のための figure、axes、および image オブジェクトのプロパティ設定を最適化する imshow のすべてのイメージ表示機能を提供します。イメージ ビューアーでは、さらにピクセル領域ツール、イメージ情報ツール、コントラスト調整ツールなど、イメージ内を移動したり調査したりするためのツールを利用することができます。使用可能なツールの詳細については、イメージ ビューアー アプリ入門を参照してください。

Image Viewer app

イメージ ビューアー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にある [イメージ ビューアー] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 関数 imtool を使用します。

さまざまなイメージ タイプの表示

ファイルからカラー イメージを表示します。

imtool('board.tif')

インデックス付きイメージを表示します。

[X,map] = imread('trees.tif');
imtool(X,map)

グレースケール イメージを表示します。

I = imread('cameraman.tif');
imtool(I)

表示範囲を調整して、グレースケール イメージを表示します。

h = imtool(I,[0 80]);
close(h)

関連する例

プログラムでの使用

すべて展開する

imtool は、イメージ ビューアーを空の状態で開きます。

  • ファイルからイメージを読み込むには、[ファイル][開く] を選択します。

  • ワークスペースに変数として保存されたイメージを読み込むには、[ファイル][ワークスペースからインポート] を選択します。

imtool(I) は、イメージ ビューアーを開き、グレースケール イメージ、RGB イメージ、またはバイナリ イメージである I を表示します。I は、以下のいずれかの値として指定します。

  • グレースケール イメージを表す m 行 n 列の数値行列。イメージ ビューアーは、イメージのデータ型の既定の表示範囲を使用してイメージを表示します。

  • RGB イメージを表す m x n x 3 の数値配列。

  • バイナリ イメージを表す m 行 n 列の logical 行列。

imtool(X,cmap) は、イメージ ビューアーを開き、カラーマップ cmap をもつインデックス付きイメージ X を表示します。

  • X は、データ型が singledoubleuint8、または logical である m 行 n 列の行列として指定。

  • cmap は、c カラーの RGB 値を含む c 行 3 列の数値行列として指定。cmap のデータ型には、singledoubleuint8uint16、または int16 を指定できます。

imtool(filename) は、イメージ ビューアーを開き、ファイル名が filename であるイメージ ファイルを表示します。filename は、文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

imtool(___,'Colormap',cmap) は、カラーマップ cmap を使用して、グレースケール イメージまたはバイナリ イメージをイメージ ビューアーに表示します。RGB イメージのカラーマップを設定しても効果がありません。cmap は、範囲 [0, 1] の値をもつ c 行 3 列の数値行列として指定します。ここで、c はカラーマップの色数です。parula または jet などの事前定義カラーマップ関数を使用してカラーマップ行列を作成することもできます。

たとえば、imtool(I,'Colormap',parula) は、カラーマップ parula を使用してグレースケール イメージ I を表示します。

imtool(___,'DisplayRange',dispRange) は、グレースケール イメージまたはインデックス付きイメージをイメージ ビューアーに表示し、表示範囲を dispRange の値にスケーリングします。RGB イメージまたはバイナリ イメージの表示範囲を設定しても効果がありません。dispRange は、以下のいずれかの値として指定します。

  • [low high] 形式の 2 要素ベクトル — イメージ ビューアーは、low の値 (および low より小さなすべての値) をもつピクセルを黒で表示します。イメージ ビューアーは、high の値 (および high より大きなすべての値) をもつピクセルを白で表示します。表示範囲内にあるピクセル値は、既定数のグレー レベルを使用して、中間のグレー階調で表示されます。

    たとえば、imtool(I,'DisplayRange',[15 140]) は、15 以下の値をもつピクセルが黒で表示され、140 以上の値をもつピクセルが白で表示されるように、データ型 uint8 のグレースケール イメージ I の表示範囲をスケーリングします。

  • []Image Viewer は表示範囲を [min(I(:)) max(I(:))] に設定します。I の最小値を黒、最大値を白として表示します。

    たとえば、imtool(I,'DisplayRange',[]) は、最小値をもつピクセルが黒で表示され、最大値をもつピクセルが白で表示されるように、データ型 double のグレースケール イメージ I の表示範囲をスケーリングします。

imtool(___,'InitialMagnification',initMag) は、イメージを初期倍率 initMag で表示します。initMag は、以下のいずれかの値として指定します。

  • "adaptive" — 初期表示で全体のイメージが表示されます。イメージが大きすぎてスクリーン上で表示できない場合、イメージ ビューアーは、スクリーンに収まる最も大きい倍率でイメージを表示します。

  • "fit"イメージ ビューアーは、イメージ全体がウィンドウに収まるようにサイズを変更します。

  • 正の数値 — イメージ ビューアーは、イメージ全体を元のイメージ サイズの割合で拡大縮小します。たとえば、100 を指定した場合、イメージ ビューアーでは、100% の倍率 (イメージ ピクセルあたり 1 スクリーン ピクセル) でイメージを表示します。

    たとえば、imtool(I,'InitialMagnification',50) は、元のイメージの寸法の 50% でイメージ I を表示します。

    メモ

    イメージの縦横比が、指定された倍率で表示したときに縦または横の寸法が 1 ピクセル未満になるような値となっている場合、イメージ ビューアーで警告が出力され、イメージは 100% の倍率で表示されます。

既定では、初期倍率は iptgetpref('ImtoolInitialMagnification') によって返される値に設定されます。既定の初期倍率の動作を変更する方法については、既定の表示動作の指定を参照してください。

imtool(___,'Interpolation',interp) は、イメージのサイズ変更に使用する内挿法 interp を指定します。interp は、最近傍内挿を使用する場合は "nearest"、双一次内挿を使用する場合は "bilinear" を指定します。既定の内挿法は "nearest" です。

たとえば、imtool(I,'Interpolation',"bilinear") は、双一次内挿を使用してイメージ I のサイズを変更します。

hfigure = imtool(___) は、イメージ ビューアーによって作成された figure オブジェクト hfigure を返します。

imtool close all は、イメージ ビューアーの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • imtool の呼び出し時に表示範囲を設定する場合、ファイル名を使用してイメージを指定する場合を除き、名前 'DisplayRange' はオプションです。構文 imtool(I,[low high]) は、imtool(I,'DisplayRange',[low high]) と等価です。ただし、ファイル名を付けて imtool を呼び出す場合は、構文 imtool(filename,'DisplayRange',[low high]) のように、引数 'DisplayRange' を指定しなければなりません。

  • close all コマンドを呼び出してもイメージ ビューアーは終了しません。イメージ ビューアー アプリの複数のインスタンスを閉じるには、構文 imtool close all を使用するか、イメージ ビューアー[ファイル] メニューから [すべて閉じる] を選択します。ハンドル hfigure で指定された特定のイメージ ビューアーを、コマンド close(hfigure) を使用して閉じることができます。

バージョン履歴

R2014b で導入