ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imadjust

イメージの強度値またはカラーマップの調整

構文

J = imadjust(I)
J = imadjust(I,[low_in high_in],[low_out high_out])
J = imadjust(I,[low_in high_in],[low_out high_out],gamma)
newmap = imadjust(map,___)
RGB2 = imadjust(RGB,___)
gpuarrayB = imadjust(gpuarrayA,___)

説明

J = imadjust(I) はグレースケール イメージ I の強度の値を J の新しい値にマッピングします。既定では、imadjust はすべてのピクセル値の下位 1% と上位 1% を飽和させます。この操作により、出力イメージ J のコントラストが増大します。この構文は、imadjust(I,stretchlim(I)) と等価です。

J = imadjust(I,[low_in high_in],[low_out high_out]) は、low_inhigh_in の間の値が low_outhigh_out の間の値にマップされるように、I の強度の値を J の新しい値にマップします。[low_out high_out] 引数は省略できます。その場合、imadjust は既定の [0 1] を使用します。

J = imadjust(I,[low_in high_in],[low_out high_out],gamma)I の強度の値を J の新しい値にマップし、gammaIJ の間の関係を記述する曲線の形状を指定できます。

newmap = imadjust(map,___) はインデックス付きイメージに関連付けられた m 行 3 列の配列カラーマップを調整します。カラーマップの各チャネルに同じマッピングを適用するか、または各チャネルに固有のマッピングを指定できます。

RGB2 = imadjust(RGB,___) は、RGB 強度イメージ RGB の各平面 (赤、緑、青) の調整を行います。イメージの赤、緑、青の各成分に同じマッピングを適用するか、色成分ごとに固有のマッピングを指定できます。

gpuarrayB = imadjust(gpuarrayA,___) は GPU でコントラスト調整を実行します。入力 gpuArray である gpuarrayA は強度イメージ、RGB イメージまたはカラーマップです。出力 gpuArray である gpuarrayB は入力イメージと同じです。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

すべて折りたたむ

低コントラストのグレースケール イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('pout.tif');
imshow(I);

イメージのコントラストを調整してデータが高強度と低強度で 1 % 飽和するようにし、それを表示します。

J = imadjust(I);
figure
imshow(J)

イメージを gpuArray に読み取り、その gpuArray を imadjust に渡します。

I = gpuArray(imread('pout.tif'));
figure
imshow(I)

J = imadjust(I); 
figure
imshow(J)

低コントラストのグレースケール イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('pout.tif');
imshow(I);

コントラストの範囲を指定して、イメージのコントラストを調整します。

K = imadjust(I,[0.3 0.7],[]);
figure
imshow(K)

イメージを gpuArray に読み取り、その gpuArray を imadjust に渡します。

I = gpuArray(imread('pout.tif'));
figure
imshow(I)

K = imadjust(I,[0.3 0.7],[]);
figure
imshow(K)

RGB イメージをワークスペースに読み取って表示します。

RGB = imread('football.jpg');
imshow(RGB)

コントラストの範囲を指定して、RGB イメージのコントラストを調整します。

RGB2 = imadjust(RGB,[.2 .3 0; .6 .7 1],[]);
figure
imshow(RGB2)

RGB イメージを gpuArray に読み取り、その gpuArray を入力イメージのコントラスト範囲を指定して imadjust に渡します。

RGB = gpuArray(imread('football.jpg'));
RGB2 = imadjust(RGB,[.2 .3 0; .6 .7 1],[]);
figure
imshow(RGB)
figure
imshow(RGB2)

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('pout.tif');

ストレッチを行うために、平均からの標準偏差を計算します。

n = 2;  
Idouble = im2double(I); 
avg = mean2(Idouble); 
sigma = std2(Idouble);

標準偏差に基づいてコントラストを調整します。

J = imadjust(I,[avg-n*sigma avg+n*sigma],[]);

元のイメージと調整されたイメージを表示します。

figure
imshow(I) 

figure
imshow(J)

入力引数

すべて折りたたむ

入力グレースケール強度イメージ。実数、非スパースの 2 次元行列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

入力イメージのコントラストの範囲。以下のいずれかの値に指定します。

コントラストの範囲

入力タイプ説明
グレースケールフォームの 1 行 2 列ベクトル [low_in high_in]出力イメージの値にマッピングする入力グレースケール イメージのコントラストの範囲を指定します。値は [0 1.0] の範囲でなければなりません。値 low_in が値 high_in 未満でなければなりません。
RGB またはカラーマップフォームの 2 行 3 列配列 [low_RGB_triplet; high_RGB_triplet]出力イメージの値にマッピングする入力 RGB イメージまたはカラーマップのコントラストの範囲を指定します。配列の各行は RGB カラーの 3 成分です。値は [0 1] の範囲でなければなりません。値 low_RGB_triplet が値 high_RGB_triplet 未満でなければなりません。
RGB またはカラーマップフォームの 1 行 2 列ベクトル [low_in high_in]出力イメージの値にマッピングする入力 RGB イメージのコントラストの範囲を指定します。各値は [0 1.0] の範囲になければなりません。値 low_in が値 high_in 未満でなければなりません。RGB イメージまたはカラーマップで 1 行 2 列のベクトルを指定する場合、imadjust は色平面またはチャネルごとに同じ調整を適用します。
all types[] 空行列 ([]) を指定すると、imadjust は既定の範囲 [0 1] を使用します。

imadjust は、low_in より小さい値と high_in より大きい値を切り取ります。つまり、low_in より小さい値は low_out にマッピングし、high_in より大きい値は high_out にマッピングします。

データ型: single | double

出力イメージのコントラストの範囲。以下のいずれかの値に指定します。

コントラストの範囲

入力タイプ説明
グレースケールフォームの 1 行 2 列ベクトル [low_out high_out]出力グレースケール イメージのコントラストの範囲を指定します。各値は [0 1] の範囲になければなりません。
RGB またはカラーマップフォームの 2 行 3 列配列 [low_RGB_triplet; high_RGB_triplet]出力 RGB イメージまたはカラーマップのコントラストの範囲を指定します。配列の各行は RGB カラーの 3 成分です。値は [0 1] の範囲でなければなりません。
RGB またはカラーマップフォームの 1 行 2 列ベクトル [low_out high_out]出力イメージのコントラストの範囲を指定します。各値は [0 1] の範囲になければなりません。RGB イメージまたはカラーマップで 1 行 2 列のベクトルを指定する場合、imadjust は平面またはチャネルごとに同じ調整を適用します。
all types[] 空行列 ([]) を指定すると、imadjust は既定の範囲 [0 1] を使用します。

high_outlow_out より小さい場合、imadjust は写真のネガのように出力イメージを反転します。

データ型: single | double

入力値と出力値の関係を表す曲線の形状。実数、非負の数値スカラー、または 1 行 3 列の数値ベクトルとして指定します。gamma が 1 より小さい場合、imadjust のマッピングでは高い (明るい) 出力値のほうに重みが加わります。gamma が 1 より大きい場合は、imadjust のマッピングでは低い (暗い) 出力値のほうに重みが加わります。引数を省略した場合、gamma は既定の 1 (線形マッピング) に指定されます。1 行 3 列のベクトルを指定すると、imadjust は色成分またはチャネルごとに固有のガンマを適用します。

データ型: double

調整されるカラーマップ。m 行 3 列の配列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

調整される RGB 強度イメージ。実数、非スパースの m x n x 3 の配列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

GPU で調整されたイメージ。グレースケール イメージ、RGB イメージまたはカラーマップを含む gpuArray として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

調整されたグレースケール出力イメージ。入力イメージと同じクラスの実数、非スパース 2 次元行列として返されます。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

調整されたカラーマップ。入力カラーマップと同じクラスの m 行 3 列の配列として返されます。

データ型: single | double

調整された RGB 強度イメージ。入力イメージと同じクラスの実数、非スパース m x n x 3 の配列として返されます。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

GPU で調整されたイメージまたはカラーマップ。gpuArray として返されます。gpuArray にはグレースケール イメージ、RGB イメージまたはカラーマップが格納されます。

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?