ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imadd

2 つのイメージを追加または定数をイメージに追加

構文

Z = imadd(X,Y)

説明

Z = imadd(X,Y) は、配列 X の各要素に配列 Y の対応する要素を追加して、出力配列 Z の対応する要素にその合計を返します。XY はクラスとサイズが等しい実数の非スパース数値配列になるか、Y は double のスカラー値になります。Z は、X が論理値でなければ、サイズとクラスは X と同じで、その場合 Z は double です。

XY が整数配列の場合、整数型の範囲を超える出力の要素は切り捨てられ、小数部の値は丸められます。

すべて折りたたむ

この例では、2 つの uint8 配列を加算する (値が 255 を超える場合は切り捨て) 方法を説明します。

X = uint8([ 255 0 75; 44 225 100]);
Y = uint8([ 50 50 50; 50 50 50 ]);
Z = imadd(X,Y)
Z = 2×3 uint8 matrix

   255    50   125
    94   255   150

2 つの uint8 グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('rice.png');
J = imread('cameraman.tif');

イメージを加算します。結果の切り捨てが生じないように、出力を uint16 型で指定します。

K = imadd(I,J,'uint16');

結果を表示します。

imshow(K,[])

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('rice.png');

イメージに定数を加算します。

J = imadd(I,50);

元のイメージと結果を表示します。

imshow(I)

figure
imshow(J)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?