ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

im2uint16

イメージを 16 ビットの符号なし整数に変換

構文

I2 = im2uint16(I)
RGB2 = im2uint16(RGB)
I = im2uint16(BW)
X2 = im2uint16(X,'indexed')
gpuarrayB = im2uint16(gpuarrayA,___)

説明

I2 = im2uint16(I) は、必要に応じてデータを再スケーリングし、強度イメージ Iuint16 に変換します。入力イメージが uint16 クラスの場合、出力イメージも同じクラスになります。

RGB2 = im2uint16(RGB) は、必要に応じてデータを再スケーリングし、トゥルーカラー イメージ RGBuint16 に変換します。

I = im2uint16(BW) は、バイナリ イメージ BWuint16 強度イメージに変換し、1 の値の要素を 65535 に変更します。

X2 = im2uint16(X,'indexed') は、必要に応じてデータをオフセットし、インデックス付きイメージ Xuint16 に変換します。X のクラスが double の場合、max(X(:)) は 65536 以下でなければなりません。

gpuarrayB = im2uint16(gpuarrayA,___) は GPU で変換を実行します。入力イメージと出力イメージは gpuArray です。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

クラス サポート

強度イメージとトゥルーカラー イメージは uint8uint16doublelogicalsingle または int16 のいずれかです。インデックス付きイメージは、uint8uint16double または logical のいずれかです。バイナリ入力イメージは logical でなければなりません。出力イメージは uint16 です。

入力 gpuArray である gpuarrayA が強度イメージまたはトゥルーカラー イメージの場合は、uint8uint16int16logicalsingle または double のいずれかになります。gpuarrayA がインデックス付きイメージの場合は、uint8uint16double または logical のいずれかになります。gpuarrayA がバイナリ イメージの場合は、logical でなければなりません。出力 gpuArray イメージは uint16 です。

すべて折りたたむ

double クラスの配列を作成します。

I = reshape(linspace(0,1,20),[5 4])
I = 

         0    0.2632    0.5263    0.7895
    0.0526    0.3158    0.5789    0.8421
    0.1053    0.3684    0.6316    0.8947
    0.1579    0.4211    0.6842    0.9474
    0.2105    0.4737    0.7368    1.0000

配列を uint16 クラスに変換します。

I2 = im2uint16(I)
I2 = 5×4 uint16 matrix

       0   17246   34492   51738
    3449   20695   37941   55187
    6898   24144   41391   58637
   10348   27594   44840   62086
   13797   31043   48289   65535

double クラスの配列を作成します。

I1 = gpuArray(reshape(linspace(0,1,20),[5 4]))

配列を uint16 に変換します。

I2 = im2uint16(I1)

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?