ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iccwrite

ディスク ファイルへの ICC カラー プロファイルの書き込み

構文

P_new = iccwrite(P, filename)

説明

P_new = iccwrite(P, filename) は、構造体 P 内の国際色協会のカラー プロファイル データを filename が指定するファイルに書き込みます。

P は、色空間変換を計算するために iccread が返し makecform および applycform が使用するデータ形式で ICC プロファイルを表す構造体です。P には、ICC プロファイル仕様に必要なすべてのタグとフィールドを含めなければなりません。ただし、構造体に対話形式で変更が行われるために一部のフィールドは矛盾する場合があります。たとえば、タグ テーブルは、作成後にタグの追加、削除または変更が行われたため、正しくない可能性があります。iccwrite は、ファイルに書き込む前にプロファイル構造体に必要な修正を加えて、この修正済みの構造体を P_new に返します。

メモ:

一部のアプリケーションは ICC プロファイル内の Description.String フィールドを使用してユーザーに選択肢を表示するため、ICC では ICC プロファイル データのプロファイル記述を変更してからデータをファイルに書き込むことを推奨しています。各プロファイルには固有のプロファイル記述を含める必要があります。詳細は、例を参照してください。

iccwrite は、ファイル プロファイル ヘッダーの Version フィールドの値に応じて、ICC 仕様の Version 2 (ICC.1:2001-04) または Version 4 (ICC.1:2001-12) を使用してカラー プロファイル データを書き込むことができます。必須フィールドが表示されない場合、iccwrite のエラーです。ICC プロファイルの詳細は、ICC Web サイト「www.color.org」をご覧ください。

メモ:

iccwrite は ICC 仕様のバージョンを別のバージョンに自動変換しません。このような変換は、フィールドを追加または変更して手動で行う必要があります。プロファイルを検証するには、isicc を使用します。

プロファイルを MATLAB® ワークスペースに読み取り、プロファイル データを新しいファイルにエクスポートします。例では、プロファイル データのプロファイル記述を変更してからデータをファイルに書き込みます。

P = iccread('monitor.icm');

P.Description.String

ans =

sgC4_050102_d50.pf

P.Description.String = 'my new description';

pmon = iccwrite(P, 'monitor2.icm');

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?