ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

houghpeaks

ハフ変換のピークの特定

構文

peaks = houghpeaks(H,numpeaks)
peaks = houghpeaks(___,Name,Value,...)

説明

peaks = houghpeaks(H,numpeaks) は関数 hough が生成したハフ変換行列 H のピークを探します。numpeaks は、特定するピークの最大数を指定します。関数はピークの座標行列を保持する行列 peaks を返します。

peaks = houghpeaks(___,Name,Value,...) はハフ変換行列のピークを探し、名前付きパラメーターで処理の特性を制御します。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取ります。

I  = imread('circuit.tif');

バイナリ イメージを作成します。

BW = edge(imrotate(I,50,'crop'),'canny');

イメージのハフ変換を作成します。

[H,T,R] = hough(BW);

イメージのハフ変換でピークを検出してプロットします。

P  = houghpeaks(H,2);
imshow(H,[],'XData',T,'YData',R,'InitialMagnification','fit');
xlabel('\theta'), ylabel('\rho');
axis on, axis normal, hold on;
plot(T(P(:,2)),R(P(:,1)),'s','color','white');

入力引数

すべて折りたたむ

ハフ変換行列。double クラスの数値配列として指定します。行と列は rhotheta の値に対応します。ハフ変換行列は関数 hough を使用して作成します。

データ型: double

特定するピークの最大数。数値スカラーとして指定します。

データ型: double

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: P = houghpeaks(H,2,'Threshold',15);

すべて折りたたむ

ピークと見なされるための最小値。非負の数値スカラーとして指定します。この値は 0 から Inf までの値をとることができます。

データ型: double

抑制する近傍のサイズ。正の奇数の整数の 2 要素ベクトルとして指定します。"抑制する近傍" は各ピークの近傍で、ピークの特定後に 0 に設定されます。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

検出されたピークの行座標と列座標。Q 行 2 列の行列として返されます。ここで、Q0 から numpeaks の範囲の値です。

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

オプションのパラメーター名 'Threshold' および 'NHoodSize' はコンパイル時の定数でなければなりません。それらに関連付けられた値はコンパイル時の定数である必要はありません。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?