ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hdrread

ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージの読み取り

構文

hdr = hdrread(filename)

説明

hdr = hdrread(filename)filename によって指定されたファイルからハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージを読み取ります。hdr は範囲を [0,inf) とする single 型の m × n × 3 RGB 配列です。シーン参照データセットの場合、これらの値は通常、放射輝度あたりのシーン照度です。これらのイメージを表示するには、適切なトーンマッピング演算子を使用します。

クラス サポート

出力イメージ hdrsingle 型の m × n × 3 イメージです。

hdr = hdrread('office.hdr');
rgb = tonemap(hdr);
imshow(rgb);

参考文献

[1] Larson, Greg W. “Radiance File Formats"http://radsite.lbl.gov/radiance/refer/filefmts.pdf

R2007b で導入

この情報は役に立ちましたか?