ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

graycoprops

グレーレベル同時生起行列のプロパティ

構文

stats = graycoprops(glcm,properties)

説明

stats = graycoprops(glcm,properties)properties で指定された統計値をグレーレベル同時生起行列 glcm から計算します。glcm は有効なグレーレベル同時生起行列の m × n × p の配列です。glcm が GLCM の配列である場合、stats は各 glcm の統計値の配列です。

graycoprops は要素の和が 1 に等しくなるようにグレーレベル同時生起行列 (GLCM) を正規化します。正規化された GLCM の各要素 (r,c) は、イメージ内でグレー レベル値 rc をもつように定義された空間的関係のあるピクセルの組の同時出現確率です。graycoprops は正規化された GLCM を使用して properties を計算します。

すべて折りたたむ

シンプルなサンプル GLCM を作成します。

glcm = [0 1 2 3;1 1 2 3;1 0 2 0;0 0 0 3]
glcm =

     0     1     2     3
     1     1     2     3
     1     0     2     0
     0     0     0     3

GLCM の統計プロパティを計算します。

stats = graycoprops(glcm)
stats = 

  struct with fields:

       Contrast: 2.8947
    Correlation: 0.0783
         Energy: 0.1191
    Homogeneity: 0.5658

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('circuit.tif');

異なるオフセットを指定してイメージから 2 つのグレー レベルの同時生起行列 (GLCM) を作成します。

glcm = graycomatrix(I,'Offset',[2 0;0 2])
glcm(:,:,1) =

  Columns 1 through 6

       14205        2107         126           0           0           0
        2242       14052        3555         400           0           0
         191        3579        7341        1505          37           0
           0         683        1446        7184        1368           0
           0           7         116        1502       10256        1124
           0           0           0           2        1153        1435
           0           0           0           0           0           0
           0           0           0           0           0           0

  Columns 7 through 8

           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0


glcm(:,:,2) =

  Columns 1 through 6

       13938        2615         204           4           0           0
        2406       14062        3311         630          23           0
         145        3184        7371        1650         133           0
           2         371        1621        6905        1706           0
           0           0         116        1477        9974        1173
           0           0           0           1        1161        1417
           0           0           0           0           0           0
           0           0           0           0           0           0

  Columns 7 through 8

           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0
           0           0

イメージのコントラストと均一性に関する統計量を GLCM から取得します。

stats = graycoprops(glcm,{'contrast','homogeneity'})
stats = 

  struct with fields:

       Contrast: [0.3420 0.3567]
    Homogeneity: [0.8567 0.8513]

入力引数

すべて折りたたむ

グレー レベルの同時生起行列。有限の論理値または整数値から成る実数、非負の配列として指定します。GLCM は関数 graycomatrix を使用して作成します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

GLCM から導出されるイメージの統計プロパティ。名前のコンマ区切りリスト、名前のスペース区切りリスト、プロパティ名のセル配列または 'all' として指定します。次の表に示すいずれかのプロパティ名を指定できます。プロパティ名は省略形も使用でき、大文字と小文字は区別されません。

プロパティ

説明

'Contrast'

イメージ全体について、あるピクセルとその近傍との間の強度コントラストの測度を返します。

Range = [0 (size(GLCM,1)-1)^2] 

定数イメージの場合、コントラストは 0 です。

プロパティ Contrast は、"分散"、"慣性" とも呼ばれます。

'Correlation'

イメージ全体について、あるピクセルがその近傍とどのように相関しているのかを示す測度を返します。

Range = [-1 1]

Correlation は、正の完全な相関イメージの場合は 1、負の完全な相関イメージの場合は -1 です。定数イメージの場合、Correlation は NaN です。

'Energy'

GLCM の要素の二乗和を返します。

Range = [0 1]

定数イメージの場合、Energy は 1 です。

プロパティ Energy は "均一性"、"エネルギーの均一性"、"角度 2 次モーメント" とも呼ばれます。

'Homogeneity'

GLCM の要素の分布が GLCM 対角線に対してどの程度接近しているのかを示す値を返します。

Range = [0 1]

対角 GLCM の場合、Homogeneity は 1 です。

データ型: char | cell

出力引数

すべて折りたたむ

GLCM から導出される統計量。properties によって指定されたフィールドをもつ構造体として返されます。各フィールドは、1 行 p 列の配列を格納します。ここで、p は GLCM のグレー レベル同時生起行列の数です。たとえば、GLCM が 8 × 8 × 3 の配列で、プロパティが 'Energy' の場合、stats は、フィールド Energy を含む構造体です。これには 1 行 3 列の配列が格納されます。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?