ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getrect

マウスを使用した四角形の指定

構文

rect = getrect
rect = getrect(fig)
rect = getrect(ax)

説明

rect = getrect ではマウスを使用して現在の座標軸内で四角形を選択することができます。マウスを使用して目的の四角形をクリックし、ドラッグします。rect は形式 [xmin ymin width height] の 4 要素のベクトルです。四角形を正方形にするには、Shift キーを押しながらまたは右クリックの状態でドラッグします。

rect = getrect(fig) ではマウスを使用して Figure fig の現在の座標軸内で四角形を選択することができます。

rect = getrect(ax) ではハンドル ax によって指定された座標軸内の四角形を選択することができます。

すべて折りたたむ

imshow を使用してイメージを表示します。

imshow('moon.tif')

表示されたイメージ内の点を、マウスを使用して対話形式で選択します。終了すると、getrect で四角形のサイズと位置が返されます。

rect = getrect

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?