ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getrangefromclass

イメージ クラスに基づくイメージの既定の表示範囲

構文

range = getrangefromclass(I)

説明

range = getrangefromclass(I) はイメージ I のクラス タイプに基づいて既定の表示範囲を返します。この関数は、range を返します。これは、[min max] の形式で表示範囲を指定する 2 要素ベクトルです。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

クラス サポート

I は、uint8uint16int16logicalsingle または double のいずれかになります。rangedouble クラスです。

メモ:

データが single または double の場合、getrangefromclassdouble イメージと single イメージが MATLAB® で解釈される方法に対応する範囲 [0 1] を返します。整数データの場合、関数 getrangefromclass はクラスの既定の表示範囲を返します。たとえば、クラスが uint8 の場合、ダイナミック レンジは [0 255] になります。

16 ビットの DICOM イメージを読み取って既定の表示範囲を取得します。

CT = dicomread('CT-MONO2-16-ankle.dcm');
r = getrangefromclass(CT)
r =

      -32768       32767

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?