ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

freqz2

2 次元の周波数応答

構文

[H, f1, f2] = freqz2(h, n1, n2)
[H, f1, f2] = freqz2(h, [n2 n1])
[H, f1, f2] = freqz2(h)
[H, f1, f2] = freqz2(h, f1, f2)
[...] = freqz2(h,...,[dx dy])
[...] = freqz2(h,...,dx)
freqz2(...)

説明

[H, f1, f2] = freqz2(h, n1, n2) は、hn2n1 列の周波数応答である H と、周波数ベクトル f1 (長さ n1) および f2 (長さ n2) を返します。h は計算核の形式の 2 次元の FIR フィルターです。-1.0 ~ 1.0 の範囲で正規化された周波数として f1f2 が返されます。ここで、1.0 はサンプリング周波数の 1/2、つまり π ラジアンに相当します。

[H, f1, f2] = freqz2(h, [n2 n1])[H,f1,f2] = freqz2(h,n1,n2) と同じ結果を返します。

[H, f1, f2] = freqz2(h)[n2 n1] = [64 64] を使用します。

[H, f1, f2] = freqz2(h, f1, f2) は周波数値における FIR フィルター h の周波数応答を f1f2 で返します。これらの周波数値は -1.0 ~ 1.0 の範囲でなければなりません。ここで、1.0 はサンプリング周波数の 1/2 つまり π ラジアンに相当します。

[...] = freqz2(h,...,[dx dy]) は、[dx dy] を使用して h のサンプル間間隔をオーバーライドします。dxx 次元の間隔を、dyy 次元の間隔を決定します。既定の間隔は 0.5 です。これはサンプリング周波数 2.0 に相当します。

[...] = freqz2(h,...,dx)dx を使用して両方の次元のサンプル間間隔を指定します。

出力引数を指定しない場合、freqz2(...) は 2 次元の振幅の周波数応答のメッシュ プロットを生成します。

クラス サポート

入力行列 h のクラスは double または任意の整数です。freqz2 に対するその他の入力のクラスはすべて double でなければなりません。出力のクラスはすべて double です。

ウィンドウ法を使用して 16 行 16 列のフィルターを作成し、freqz2 を使用してその周波数応答を表示します。

Hd = zeros(16,16);
Hd(5:12,5:12) = 1;
Hd(7:10,7:10) = 0;
h = fwind1(Hd,bartlett(16));
colormap(jet(64))
freqz2(h,[32 32]); axis ([-1 1 -1 1 0 1])

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?