ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fliptform

TFORM 構造体の入力の役割と出力の役割の反転

構文

TFLIP = fliptform(T)

説明

TFLIP = fliptform(T) は新しい空間変換構造体として TFORM 構造体を作成します。具体的には、既存の TFORM 構造体における入力と出力の役割を反転させます。

T = maketform('affine', [.5 0 0; .5 2 0; 0 0 1]);
T2 = fliptform(T)

次の 2 つは、等価です。

x = tformfwd([-3 7],T)
x = tforminv([-3 7],T2)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?