ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dicominfo

DICOM メッセージからのメタデータの読み取り

構文

info = dicominfo(filename)
info = dicominfo(filename, 'dictionary', D)
info = dicominfo(___,'UseVRHeuristic', TF)
info = dicominfo(___, 'UseDictionaryVR', TF)

説明

info = dicominfo(filename) は、文字ベクトル filename で指定された Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) 準拠ファイルからメタデータを読み取ります。

info = dicominfo(filename, 'dictionary', D) は、文字ベクトル D で指定されたデータ ディクショナリ ファイルを使用して DICOM メッセージを読み取ります。D 内のファイルは MATLAB® の検索パス上になければなりません。既定のファイルは dicom-dict.mat です。

info = dicominfo(___,'UseVRHeuristic', TF) は、値表現 (VR) モードの切り替えが不適切な特定の非準拠ファイルを読み取ることができるように経験則の使用をパーサーに指示します。経験則が使用されると、dicominfo は警告を表示します。TFtrue (既定の設定) の場合、まれに準拠ファイルが正しく読み取られないことがあります。このような準拠ファイルを読み取るには、TFfalse に設定します。

info = dicominfo(___, 'UseDictionaryVR', TF) は、ファイル内にある情報の内容に関係なく INFO のデータ型がデータ ディクショナリに従うかどうかを指定します。既定値は false です。つまり、データ ディクショナリと異なる場合でも、ファイルの VR コードが使用されます。ほとんどの場合、ファイルの内容とデータ ディクショナリは一致するため、このフィールドの設定は必要ありません。TFfalse (既定の設定) の場合、dicominfo は、不一致が生じるときに警告を表示します。警告が表示されており、infodicomwrite に入力すると、エラーが発生する場合は、TF を true に設定します。

info = dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm')

info = 

                          Filename: [1x62 char]
                       FileModDate: '18-Dec-2000 11:06:43'
                          FileSize: 525436
                            Format: 'DICOM'
                     FormatVersion: 3
                             Width: 512
                            Height: 512
                          BitDepth: 16
                         ColorType: 'grayscale'
                    SelectedFrames: []
                        FileStruct: [1x1 struct]
                  StartOfPixelData: 1140
    FileMetaInformationGroupLength: 192
        FileMetaInformationVersion: [2x1 uint8]
           MediaStorageSOPClassUID: '1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7'
                          .
                          .
                          .

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?