ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dicomanon

DICOM ファイルの匿名化

構文

dicomanon(file_in, file_out)
dicomanon(..., 'keep', FIELDS)
dicomanon(..., 'update', ATTRS)
dicomanon(...,'WritePrivate',TF)
dicomanon(...,'UseVRHeuristic',TF)

説明

dicomanon(file_in, file_out) は機密医療情報を DICOM ファイル file_in から除去し、変更された値を使用して新しいファイル file_out を作成します。イメージ データとその他の属性は変更されません。

dicomanon(..., 'keep', FIELDS) は、フィールド名のセル配列 FIELDS に含まれているものを除く、すべての機密データを変更します。この構文は、患者を一意に識別しない診断目的のメタデータ (PatientAge、PatientSex など) を保持する際に役立ちます。

    メモ:   一部のフィールドは、保持しておくことで患者情報の漏洩につながる場合もあります。

dicomanon(..., 'update', ATTRS) は機密データを変更し、特定の機密データを更新します。ATTRS は、そのフィールドが保持する属性の名前である構造体です。構造体の値は属性の値になります。Study/Series/Image の階層を維持したり、特定の値をより汎用的なプロパティで置き換えたりする (PatientBirthDate を除去するが PatientAge の計算値は保持するなど) には、この構文を使用します。

dicomanon(...,'WritePrivate',TF)dicomanon で非標準の属性を、匿名化されたファイルに書き込むかどうかを指定します。TFtrue の場合、dicomanon はプライベート拡張をファイルに含めるため、患者情報の漏洩につながる可能性があります。既定値は false です。

dicomanon(...,'UseVRHeuristic',TF) は、値表現 (VR) モードの切り替えが不適切な特定の非準拠ファイルを読み取ることができるように経験則の使用をパーサーに指示します。経験則が用いられると、dicomanon は警告を表示します。TFtrue (既定の設定) の場合、まれに準拠ファイルが正しく読み取られないことがあります。このような準拠ファイルを読み取るには、TFfalse に設定します。準拠ファイルが常に書き込まれます。

変更または除去されるフィールドの詳細は、http://medical.nema.org/ の DICOM Supplement 55 を参照してください。

特定のファイルから機密メタデータをすべて除去します。

dicomanon('patient.dcm', 'anonymized.dcm')

トレーニング ファイルを作成します。

dicomanon('tumor.dcm', 'tumor_anon.dcm', 'keep',...
         {'PatientAge', 'PatientSex', 'StudyDescription'})

一連のイメージを匿名化して階層を維持します。

values.StudyInstanceUID = dicomuid;
values.SeriesInstanceUID = dicomuid;
 
d = dir('*.dcm');
for p = 1:numel(d)
	dicomanon(d(p).name, sprintf('anon%d.dcm', p), ...
		'update', values)
end

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?