ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

demosaic

Bayer パターンでエンコードされたイメージをトゥルーカラー イメージに変換

構文

RGB = demosaic(I,sensorAlignment)

説明

RGB = demosaic(I,sensorAlignment) は、勾配補正された線形内挿を使って、Bayer パターンでエンコードされたイメージ I をトゥルーカラー イメージ RGB に変換します。sensorAlignment は、Bayer パターンを指定します。

Bayer フィルター モザイク (カラー フィルター配列) とは、シングルセンサー デジタル カメラの各センサーが赤、緑または青のデータのみを記録するためのカラー フィルターの配置のことです。Bayer パターンでは、緑のセンサーの数を多くすることで、緑の光に対する人間の目の感度が強いことを模倣しています。関数 demosaic は、2 次元の Bayer エンコード イメージをトゥルーカラー イメージに変換するために内挿を使います。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

すべて折りたたむ

'bggr' のセンサー配置を使ったカメラで撮影された Bayer パターン エンコード イメージを変換します。

I = imread('mandi.tif');
J = demosaic(I,'bggr');
imshow(I);
figure, imshow(J);

入力引数

すべて折りたたむ

Bayer パターンでエンコードされたイメージ。強度値から成る MN 列の配列として指定します。I は 5 行以上かつ 5 列以上でなければなりません。

データ型: uint8 | uint16 | uint32

Bayer パターン。次の表のいずれかの値に指定します。各値はイメージの左上隅で 4 つのピクセルを記述することで、赤、緑、および青のセンサーの順序を表しています (左から右、上から下)。

パターン2 行 2 列のセンサー配置
'gbrg'
'grbg'
'bggr'
'rggb'

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

RGB イメージ。I と同じサイズの M x N x 3 の数値配列として返されます。

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

コード生成時には、以下の点に注意してください。

  • sensorAlignment はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

参照

[1] Malvar, H.S., L. He, and R. Cutler, High quality linear interpolation for demosaicing of Bayer-patterned color images. ICASPP, Volume 34, Issue 11, pp. 2274-2282, May 2004.

R2007b で導入

この情報は役に立ちましたか?