ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

conndef

構文

conn = conndef(num_dims,type)

説明

conn = conndef(num_dims,type) は、type によって num_dims 次元用に定義された連結性配列を返します。Image Processing Toolbox™ のいくつかの関数では、既定の連結性入力引数を作成するために conndef を使用します。

すべて折りたたむ

2 次元連結性配列を作成します。

conn = conndef(2,'minimal')
conn = 

     0     1     0
     1     1     1
     0     1     0

2 次元連結性配列を作成します。

conn = conndef(2,'maximal')
conn = 

     1     1     1
     1     1     1
     1     1     1

3 次元連結性配列を作成します。

conndef(3,'minimal')
ans = 

(:,:,1) =

     0     0     0
     0     1     0
     0     0     0


(:,:,2) =

     0     1     0
     1     1     1
     0     1     0


(:,:,3) =

     0     0     0
     0     1     0
     0     0     0

入力引数

すべて折りたたむ

次元数。数値スカラーとして指定します。

例: conn1 = conndef(2,'minimal')

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

近傍の連結性のタイプ。'minimal' または 'maximal' のいずれかに指定します。

説明

'minimal'

N 次元の場合に、近傍点が (N-1) 次元表面の中心要素と接触している近傍を定義します。

'maximal'

中心要素と何らかの方法で接触している近傍点を含んだ近傍を定義します。ones(repmat(3,1,NUM_DIMS)) に相当します。

例: conn1 = conndef(2,'minimal')

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

連結性行列。3 x 3 x ... x 3 の論理配列として返されます。

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?