ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwulterode

構文

BW2 = bwulterode(BW)
BW2 = bwulterode(BW,method,conn)

説明

BW2 = bwulterode(BW) は、バイナリ イメージ BW の最終的な収縮を計算します。BW の最終的な収縮は、BW の補数のユークリッド距離変換の局所的な最大値から成り立っています。局所的な最大値を計算するための既定の連結性は、2 次元の場合は 8、3 次元の場合は 26、高次元の場合は conndef(ndims(BW), 'maximal') です。

BW2 = bwulterode(BW,method,conn) は、距離変換メソッドと局所的な最大連結性を指定します。method には、'euclidean''cityblock''chessboard''quasi-euclidean' のいずれかの値を使用できます。

conn は、次のスカラー値のいずれかを使用できます。

意味

2 次元連結性

4

4 連結近傍

8

8 連結近傍

3 次元連結性

6

6 連結近傍

18

18 連結近傍

26

26 連結近傍

連結性は任意の次元に対して、より一般的に定義することができます。その場合は、conn01 からなる 3 × 3 × ... × 3 の行列を使用します。値 1 をもつ要素は、conn の中心要素を基準に近傍の位置を定義します。conn は、その中心要素に関して対称でなければなりません。

クラス サポート

BW は、数値または論理値を使用できますが、非スパースでなければなりません。それは任意の次元にできます。戻り値 BW2 は常に論理配列です。

すべて折りたたむ

バイナリ イメージをワークスペースに読み取って表示します。

originalBW = imread('circles.png');
imshow(originalBW)

イメージの最終的な収縮を実行して、それを表示します。

ultimateErosion = bwulterode(originalBW);
figure, imshow(ultimateErosion)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?