ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwperim

バイナリ イメージのオブジェクトの周囲を検出

構文

BW2 = bwperim(BW)
BW2 = bwperim(BW,conn)

説明

BW2 = bwperim(BW) は、入力イメージ BW 内のオブジェクトの周囲のピクセルのみを含むバイナリ イメージを返します。ピクセルは、非ゼロの場合、周囲の一部です。また、ゼロの値をとる少なくとも 1 つのピクセルに連結しています。既定の連結性は、2 次元の場合は 4、3 次元の場合は 6、高次元の場合は conndef(ndims(BW), 'minimal') です。戻り値を指定しない場合は、bwperim によって Figure ウィンドウに結果が表示されます。

BW2 = bwperim(BW,conn)。ここで、conn は必要な連結性を指定します。

すべて折りたたむ

バイナリ イメージをワークスペースに読み取ります。

BW = imread('circles.png');

イメージ内のオブジェクトの周囲を計算します。

BW2 = bwperim(BW,8);

元のイメージと周囲を並べて表示します。

imshowpair(BW,BW2,'montage')

入力引数

すべて折りたたむ

入力バイナリ イメージ。論理行列または数値行列として指定します。2 次元、実数、かつ非スパースでなければなりません。

例: BW = imread('circles.png'); BW2 = bwperim(BW);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

連結性。このテーブルのいずれかの値または 01 を要素とする 3 × 3 × ... × 3 配列として指定します。1 の値をもつ要素は、conn の中心要素に対して近傍の位置を定義します。conn は、その中心要素の周りに対称でなければなりません。

意味

2 次元連結性

4

4 連結近傍

8

8 連結近傍

3 次元連結性

6

6 連結近傍

18

18 連結近傍

26

26 連結近傍

例: BW2 = bwperim(BW,8);

データ型: double | logical

出力引数

すべて折りたたむ

オブジェクトの周囲のピクセルのみを含む出力イメージ。論理配列として返されます。

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?