ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwhitmiss

バイナリ ヒットミス演算

構文

BW2 = bwhitmiss(BW1,SE1,SE2)
BW2 = bwhitmiss(BW1,INTERVAL)

説明

BW2 = bwhitmiss(BW1,SE1,SE2) は、構造化要素 SE1SE2 により定義されたヒットミス演算を行います。hit-miss 演算は、近傍が SE1 の形状と一致し、SE2 の形状とは一致しないピクセルを保存します。SE1SE2 は、strel で作成されたフラットな構造化要素オブジェクトか、近傍配列となります。SE1SE2 の近傍には、重なり合う要素があってはなりません。構文 bwhitmiss(BW1,SE1,SE2) は、imerode(BW1,SE1) & imerode(~BW1,SE2) と等価です。

BW2 = bwhitmiss(BW1,INTERVAL) は、"区間" と呼ばれる単一配列のために定義されるヒットミス演算を行います。区間とは、要素に 10 または -1 が含まれる配列です。1 の値をとる要素は、SE1 の領域を構成し、-1 の値をとる要素は、SE2 の領域を構成します。また、0 の値をとる要素は無視されます。構文 bwhitmiss(BW1,INTERVAL) は、bwhitmiss(BW1,INTERVAL == 1, INTERVAL == -1) と等価です。

クラス サポート

BW1 は任意の次元の論理配列または数値配列となりますが、非スパースでなければなりません。BW2 は常に BW1 と同じサイズの論理配列です。SE1SE2 は、フラットな STREL オブジェクトであるか、1 と 0 を要素とする論理配列または数値配列でなければなりません。INTERVAL は、1'0'-1' を含む配列でなければなりません。

区間を使用して、バイナリ イメージのヒットミス演算を行います。

bw = [0 0 0 0 0 0
      0 0 1 1 0 0
      0 1 1 1 1 0
      0 1 1 1 1 0
      0 0 1 1 0 0
      0 0 1 0 0 0]

interval = [0 -1 -1
            1  1 -1
            0  1  0];

bw2 = bwhitmiss(bw,interval)

bw2 =

     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     1     0     0
     0     0     0     0     1     0
     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?