ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bestblk

ブロック処理に最適なブロック サイズを決定

構文

siz = bestblk([m n],k)
[mb,nb] = bestblk([m n],k)

説明

siz = bestblk([m n],k) は、mn 列のイメージに対して、ブロック処理に最適なブロック サイズを返します。最適なブロック サイズは、外側の部分ブロックに沿って必要なサイズです。k は、ブロックの行と列の最大次元を指定するスカラー値です。この引数を省略した場合は、既定値の 100 となります。戻り値 siz は、ブロックの行と列の次元を含む 1 行 2 列のベクトルです。

[mb,nb] = bestblk([m n],k) は、mbnb のそれぞれにあるブロックの行と列の次元を返します。

すべて折りたたむ

siz = bestblk([640 800],72)
siz =

    64    50

アルゴリズム

bestblk は、mnk の最適なブロック サイズを返します。siz を決定するアルゴリズムは以下のとおりです。

  • mk 以下の場合、m を返します。

  • mk より大きい場合、min(m/10,k/2)k の間のすべての値を検討します。パディングの必要性を最小限に抑える値を返します。

n についても同じアルゴリズムが繰り返されます。

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?