ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

axes2pix

座標軸座標をピクセル座標に変換

構文

pixelx = axes2pix(dim, XDATA, AXESX)

説明

pixelx = axes2pix(dim, XDATA, AXESX) は、座標軸座標を固有 (ピクセル) 座標に変換します。たとえば、pt = get(gca,'CurrentPoint') の場合、AXESXpt(1,1) または pt(1,2) になります。AXESX は固有座標でなければなりません。XDATAget(image_handle, 'XData') または get(image_handle,'YData') で返される 2 要素のベクトルです。dimx 座標に対するイメージ列の数か、y 座標に対するイメージ行の数です。

クラス サポート

dimXDATAAXESX は、double を使用できます。出力は double です。

メモ:

axes2pix は、AXESXDIMXDATA の検証に関して最小限のチェックを行います。たとえば、AXESXXDATA(1) より小さい場合、axes2pix は負の座標を返します。axes2pix を呼び出す関数がエラー チェックを担当します。

既定の設定の XData と YData の例。

h = imshow('pout.tif');
[nrows,ncols] = size(get(h,'CData'));
xdata = get(h,'XData')
ydata = get(h,'YData')
px = axes2pix(ncols,xdata,30)
py = axes2pix(nrows,ydata,30)

既定以外の XData と YData の例。

xdata = [10 100]
ydata = [20 90]
px = axes2pix(ncols,xdata,30)
py = axes2pix(nrows,ydata,30)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?