ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

applycform

デバイスに依存しない色空間変換を適用

構文

B = applycform(A,C)

説明

B = applycform(A,C)A にある色の値を色変換構造体 C で指定された色空間に変換します。色変換構造体は、さまざまな変換パラメーターを指定します。詳細は、makecform を参照してください。

A が 2 次元の場合、各行は、色変換構造体にグレースケールの ICC プロファイルが含まれていない限り、色として解釈されます。(この場合メモを参照してください)。A は、入力色空間に応じて 1 つ以上の列をもつことができます。B は、出力色空間に応じて同じ行数と 1 つ以上の列をもつことができます。(ICC の仕様では、現在最大 15 チャネルのデバイス空間がサポートされています)。

A が 3 次元の場合、各行列の位置は色として解釈されます。また、size(A,3) は、入力色空間によって通常 1 以上になります。B は A と同じ行数と列数をもち、size(B,3) は出力色空間によって 1 以上になります。

クラス サポート

Auint8uint16 または double のクラスの実数非スパース配列か、または文字ベクトルです。A が文字ベクトルになるのは C が次の構文で作成されたときだけです。

C = makecform('named', profile, space)

出力配列 B は、出力空間が XYZ でない限り、A と同じクラスです。入力が uint8 クラスの XYZ データの場合、出力は uint16 クラスとなります。これは、XYZ の色の値のために定義された標準的な 8 ビット エンコードが存在しないためです。

    メモ:   色変換構造体 C にグレースケールの ICC プロファイルが含まれている場合、applycformA 内のピクセルを色として解釈します。A は任意の列数をもつことができ、B のサイズは A と同じです。

RGB 色空間を使用するカラー イメージを読み取ります。

rgb = imread('peppers.png');

RGB から L*a*b* への変換を定義する色変換構造体を作成します。

C = makecform('srgb2lab');

applycform で変換を実行します。

lab = applycform(rgb,C);

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?