ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

analyze75info

Analyze 7.5 のデータセットのヘッダー ファイルからメタデータを読み取る

構文

info = analyze75info(filename)
info = analyze75info(___,Name,Value)

説明

info = analyze75info(filename) は、文字ベクトル filename で指定された Analyze 7.5 データセットのヘッダー ファイルを読み取ります。関数は、フィールドにデータセット情報が含まれている構造体である info を返します。Analyze 7.5 は、メイヨー クリニックの医療画像リソース (Biomedical Imaging Resource) によって開発された、3 次元医療画像の可視化と解析を行うための製品です。Analyze 7.5 のデータセットは、ヘッダー ファイルとイメージ ファイルの 2 つのファイルで構成されています。ファイルは同じ名前ですが、拡張子が異なります。ヘッダー ファイルの拡張子は .hdr で、イメージ ファイルの拡張子は .img です。

info = analyze75info(___,Name,Value) は、処理のさまざまな特性を制御する名前と値のペアを使用して Analyze 7.5 ヘッダー ファイルを読み取ります。

すべて折りたたむ

Analyze 7.5 データセットの情報を取得します。Analyze 7.5 データセットは、ファイルの拡張子が .hdr のヘッダー ファイルとファイルの拡張子が .img のイメージ ファイルの 2 つのファイルで構成されます。analyze75info を呼び出すときにファイルの拡張子を指定する必要はありません。

info = analyze75info('brainMRI');

次に、データセットのバイト順を指定して、Analyze 7.5 データセットの情報を取得します。バイト順の指定を誤ると、analyze75info は、サポートされる他のバイト順でファイルを読み取ろうとします。

info = analyze75info('brainMRI', 'ByteOrder', 'ieee-le');

入力引数

すべて折りたたむ

Analyze 7.5 データセットの名前。文字ベクトルとして指定します。ファイルの拡張子を指定する必要はありません。

例: info = analyze75info('brainMRI');

データ型: char

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: info = analyze75info('brainMRI','ByteOrder','ieee-le');

すべて折りたたむ

データのエンディアン。次の表のいずれかの文字ベクトルとして指定します。指定した値が読み取りエラーとなった場合、analyze75info は、警告メッセージを表示し、逆の ByteOrder 形式でヘッダー ファイルの読み取りを試みます。

意味

'ieee-le'

バイト順はリトル エンディアン

'ieee-be'

バイト順はビッグ エンディアン

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

Analyze 7.5 データセットの情報。構造体として返されます。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?