最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

outputLimits

入力空間範囲に基づく出力空間範囲の特定

説明

[xLimitsOut,yLimitsOut] = outputLimits(tform,xLimitsIn,yLimitsIn) は、2 次元幾何学的変換 tform を考慮して、一連の入力空間範囲 xLimitsInyLimitsIn に対応する力空間範囲を推定します。

[xLimitsOut,yLimitsOut,zLimitsOut] = outputLimits(tform,xLimitsIn,yLimitsIn,zLimitsIn) は、3 次元幾何学的変換 tform を考慮して、出力空間範囲を推定します。

すべて折りたたむ

反時計方向に 10 度の回転を定義する affine2d オブジェクトを作成します。

theta = 10;
tform = affine2d([cosd(theta) -sind(theta) 0; sind(theta) cosd(theta) 0; 0 0 1]);
tform = 

  affine2d with properties:

                 T: [3x3 double]
    Dimensionality: 2

与えられた幾何学的変換に対し、出力空間範囲を推定します。

[xlim, ylim] = outputLimits(tform,[1 240],[1 291])
xlim =

    1.1585  286.8855


ylim =

  -40.6908  286.4054

次元ごとに異なる倍率を定義する affine3d オブジェクトを作成します。

Sx = 1.2;
Sy = 1.6;
Sz = 2.4;
tform = affine3d([Sx 0 0 0; 0 Sy 0 0; 0 0 Sz 0; 0 0 0 1]);
tform = 

  affine3d with properties:

                 T: [4x4 double]
    Dimensionality: 3

与えられた幾何学的変換に対し、出力空間範囲を推定します。

[xlim, ylim, zlim] = outputLimits(tform,[1 128],[1 128],[1 27])
xlim =

    1.2000  153.6000


ylim =

    1.6000  204.8000


zlim =

    2.4000   64.8000

入力引数

すべて折りたたむ

幾何学的変換。幾何学的変換オブジェクトとして指定します。

2 次元幾何学的変換の場合、tformaffine2dprojective2dLocalWeightedMeanTransformation2DPiecewiseLinearTransformation2D、または PolynomialTransformation2D 幾何学的変換オブジェクトです。

3 次元幾何学的変換の場合、tformaffine3d オブジェクトです。

x 次元における入力空間範囲。1 行 2 列の数値ベクトルとして指定します。

データ型: double

y 次元における入力空間範囲。1 行 2 列の数値ベクトルとして指定します。

データ型: double

z 次元における入力空間範囲。1 行 2 列の数値ベクトルとして指定します。tformaffine3d オブジェクトである場合のみ、zLimitsIn を指定します。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

x 次元における出力空間範囲。1 行 2 列の数値ベクトルとして返されます。

データ型: double

y 次元における出力空間範囲。1 行 2 列の数値ベクトルとして返されます。

データ型: double

z 次元における出力空間範囲。1 行 2 列の数値ベクトルとして返されます。outputLimits は、tformaffine3d オブジェクトである場合のみ zLimitsIn を返します。

データ型: double

R2013a で導入