ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

adaptthresh

局所的な 1 次統計量を使用する適応的なイメージのしきい値

構文

T = adaptthresh(I)
T = adaptthresh(I,sensitivity)
T = adaptthresh(___,Name,Value)

説明

T = adaptthresh(I) は、強度イメージをバイナリ イメージに変換する関数 imbinarize で使用できる局所的な適応しきい値を計算します。結果 TI と同じサイズの行列であり、範囲 [0, 1] の正規化された強度値を含みます。adaptthresh は各ピクセルの近傍の局所的な平均強度 (1 次統計量) に基づいてしきい値を選択します。

T = adaptthresh(I,sensitivity) は、sensitivity で指定される感度係数を使用して局所的な適応しきい値を計算します。sensitivity は感度を示す範囲 [0 1] のスカラーであり、より多くのピクセルが前景としてしきい値処理されるようにします。

T = adaptthresh(___,Name,Value) は、しきい値処理の特性を制御する名前と値のペアを使用して局所的な適応しきい値を計算します。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('rice.png');

adaptthresh により 2 値化演算で使用するしきい値を決定します。

T = adaptthresh(I, 0.4);

しきい値を指定してイメージをバイナリ イメージに変換します。

BW = imbinarize(I,T);

元のイメージとバイナリ バージョンを並べて表示します。

figure
imshowpair(I, BW, 'montage')

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('printedtext.png');

adaptthresh を使用して適応しきい値を計算し、局所的なしきい値イメージを表示します。これは背景の平均照度を推定したものです。

T = adaptthresh(I,0.4,'ForegroundPolarity','dark');
figure
imshow(T)

局所的な適応しきい値を使用してイメージを 2 値化します。

BW = imbinarize(I,T);
figure
imshow(BW)

入力引数

すべて折りたたむ

入力強度イメージ。実数、非スパースの 2 次元行列として指定します。イメージに Inf または NaN が含まれている場合、adaptthresh の動作は定義されません。Inf または NaN の伝播を Inf または NaN のピクセルの近傍のみに制限することはできません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

どのピクセルが前景ピクセルとしてしきい値処理されるかを決定します。範囲 [0 1] の実数、非負の数値スカラーとして指定します。感度の値を高くすると、前景としてしきい値処理されるピクセルが多くなります。ただし、一部の背景ピクセルが含まれる危険性もあります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: T = adaptthresh(I,0.4,'ForegroundPolarity','dark');

すべて折りたたむ

各ピクセル周囲の局所的な統計量を計算するために使用される近傍のサイズ。正の奇数の整数から成る実数の数値スカラーまたは 2 要素ベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

どのピクセルが前景ピクセルと見なされるかを決定します。次のいずれかを使用して指定します。

意味

'bright'

前景が背景より明るい。これは既定の設定です。

'dark'

前景が背景より暗い。

データ型: char

各ピクセルの局所的なしきい値の計算に使用される統計量。次のいずれかに指定します。

意味

'mean'

近傍の局所的な平均強度。これは既定の設定です。この手法はブラッドリー法とも呼ばれます。

'median'

近傍の局所的な中央値。この統計量の計算は遅くなる可能性があります。結果をより高速に取得するためには、使用する近傍のサイズを小さくしてください。

'gaussian'

近傍のガウス加重平均。

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

正規化された強度値。I と同じサイズの double 行列として返されます。

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択した場合、プリコンパイルされたプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用するコードが、この関数によって生成されます。共有ライブラリを使用するとパフォーマンスの最適化は維持されますが、コードを生成できるターゲット プラットフォームが限定されます。詳細は、「Image Processing Toolbox のコード生成について」を参照してください。

コード生成時には、以下の点に注意してください。

  • 引数 ForegroundPolarity および Statistic はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

MATLAB Function ブロックを使用するときには、以下に注意してください。

  • NeighborhoodSize パラメーターはコンパイル時の定数でなければなりません。

R2016a で導入

この情報は役に立ちましたか?