最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

インデックス付きイメージ

インデックス付きイメージは、配列とカラーマップ行列で構成されています。インデックス付きイメージは、配列のピクセル値をカラーマップ値に直接マッピングしたものを使います。このドキュメンテーションの慣例では、変数名 X を使用して配列を参照し、map を使用してカラーマップを参照します。

カラーマップ行列は double クラスの m 行 3 列の配列で、範囲 [0,1] の浮動小数点値を含んでいます。map の各行は、単一色を構成する赤、緑、青の成分を指定するものです。

配列内のピクセル値は、カラーマップに直接マッピングされるインデックスです。各イメージ ピクセルの色は X の対応する値を map のインデックスとして使用することにより決定されます。イメージ行列の値とカラーマップとの関係は、イメージ行列のクラスに依存しています。

  • イメージ行列のクラスが single または double の場合、カラーマップには通常、範囲 [1, p] の整数値が含まれます。ここで、p はカラーマップの長さです。値 1 はカラーマップの 1 行目を、値 2 はカラーマップの 2 行目を示します。

  • イメージ行列のクラスが logicaluint8 または uint16 の場合、カラーマップには通常、範囲 [0, p1] の整数値が含まれます。値 0 はカラーマップの 1 行目を、値 1 はカラーマップの 2 行目を示します。

カラーマップはインデックス付きイメージと共に格納されることが多く、関数 imread を使用すると、自動的にイメージと共に読み込まれます。イメージとカラーマップを個別の変数としてワークスペースに読み取った後は、イメージとカラーマップ間の関連付けを追跡しなければなりません。しかし、既定のカラーマップを使わなければならないという制限はなく、選択した任意のカラーマップを使用できます。

次の図は、インデックス付きイメージの構造を示しています。この図のイメージ行列は double クラスであるので、値 5 はカラーマップの 5 行目を示します。

インデックス付きイメージのカラーマップ エントリに対するピクセル値のインデックス

関連するトピック