ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Image Processing Toolbox

画像処理、解析およびアルゴリズム開発の実行

Image Processing Toolbox™ は、画像処理、解析、可視化およびアルゴリズム開発のための参照標準アルゴリズムとワークフロー アプリの包括的なセットを提供します。このソフトウェアでは、イメージ セグメンテーション、イメージの強調、ノイズ除去、幾何学的変換、イメージ レジストレーション、3 次元画像処理を実行できます。

Image Processing Toolbox を使用すると、一般的な画像処理ワークフローを自動化できます。対話形式でのイメージ データのセグメント化、イメージ レジストレーション手法の比較、大規模データセットのバッチ処理を行うことができます。可視化の関数やアプリにより、イメージ、3 次元ボリュームおよびビデオの調査、コントラストの調整、ヒストグラムの作成、ROI (関心領域) の操作を行うことができます。

マルチコア プロセッサや GPU で実行してアルゴリズムを高速化できます。多くのツールボックス関数では、デスクトップ プロトタイピング向けや組み込み型ビジョン システム デプロイメント向けの C/C++ コード生成がサポートされています。

Image Processing Toolbox 入門

Image Processing Toolbox の基礎を学ぶ

インポート、エクスポートおよび変換

イメージ データのインポートとエクスポート、イメージのタイプとクラスの変換

表示と調査

イメージの表示と操作のための対話型ツール

幾何学的変換とイメージ レジストレーション

拡大縮小、回転、その他の N 次元変換の実行、強度相関、特徴マッチングまたはコントロール ポイント マッピングを使用したイメージの位置合わせ

イメージの強調

コントラスト調整、モルフォロジー フィルター処理、ブレ除去、その他の画像処理ツール

イメージ解析

領域解析、テクスチャ解析、ピクセルとイメージの統計

3 次元ボリューム イメージの処理

3 次元体積データに対するフィルター処理、セグメント化およびその他の画像処理演算の実行

コード生成

ツールボックス関数のための C コードおよび MEX 関数の生成

GPU コンピューティング

グラフィックス処理装置 (GPU) での画像処理コードの実行

この情報は役に立ちましたか?