ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ビューアー アプリでのイメージ情報の取得

イメージ ビューアーに表示されているイメージに関する情報を取得するには、イメージ情報ツールを使用します。イメージ情報ツールからは、イメージに関する次の 2 つのタイプの情報が提供されます。

  • 基本情報 — 幅、高さ、クラス、およびイメージ タイプが含まれます。グレースケールおよびインデックス付きイメージの場合、この情報には最小および最大の強度値も含まれます。

  • イメージ メタデータ — イメージを含んでいるグラフィックス ファイルからのすべてのメタデータを表示します。このメタデータは、関数 imfinfo または dicominfo によって返される情報と同じです。

メモ:

イメージ情報ツールでイメージ メタデータを表示できるのは、イメージを含むファイル名 (imtool('moon.tif') など) をイメージ ビューアーに指定した場合のみです。

たとえば、イメージ ビューアーでイメージを表示するには以下のように入力します。

imtool('moon.tif')

イメージ ビューアーのツール バーの [イメージ情報] ボタン をクリックするか、またはイメージ ビューアーの [ツール] メニューから [イメージ情報] オプションを選択してイメージ情報ツールを起動します。(別のオプションとして、関数 imshow を使用して Figure ウィンドウを開き、コマンド ラインから関数 imageinfo を呼び出すこともできます)。

次の図は、イメージ ビューアーをイメージ情報ツールと共に示しています。関数 imtool を呼び出すときにファイル名を指定すると、図に示すようにイメージ情報ツールにイメージの基本情報とイメージ メタデータの両方が表示されます。