ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ボリューム ビューアー アプリを使用した 3 次元体積データの調査

この例では、ボリューム ビューアー アプリを使用して、3 次元体積データを観察および調査する方法を説明します。ボリューム レンダリングは、表示が必要なデータの構造が不透明に、表示が不要な構造が透明になるような適切な alphamap の定義に大きく依存しています。説明のために、この例では、人体頭部の MRI 解析をボリューム ビューアーに読み込み、ボリューム ビューアーの可視化機能を使用してデータを調べます。

人体頭部の MRI データを MAT ファイルからワークスペースに読み込みます。この操作によって体積データを含む D という名前の変数がワークスペースに作成されます。squeeze コマンドを使用して、大きさが 1 の次元をデータから削除します。

load mri

D = squeeze(D);

whos
Name        Size                 Bytes  Class     Attributes

  D         128x128x27            442368  uint8               
  map        89x3                   2136  double              
  siz         1x3                     24  double    

ボリューム ビューアー アプリを開きます。MATLAB® ツール ストリップで [アプリ] タブを開き、[画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある をクリックします。volumeViewer コマンドを使用して、このアプリを開くこともできます。

体積データをボリューム ビューアー アプリに読み込みます。[ボリュームの読み込み] をクリックします。ファイル名を指定してイメージを読み込むか、ワークスペースから変数を読み込むことができます。複数ファイルで 1 つのボリュームを表す DICOM 形式の体積データがある場合は、DICOM フォルダー名を指定します。ワークスペースにデータがあるため、[ワークスペースからインポート] オプションを選択します。

[ワークスペースからインポート] ダイアログ ボックスで、ワークスペース変数を選択して、[OK] をクリックします。

ボリュームをボリューム ビューアー アプリで表示します。既定の設定では、ボリューム ビューアーにデータがボリュームとして表示されますが、スライス平面として表示することもできます。ボリュームとして表示された MRI データは人体頭部と認識できます。ボリュームを調べるために、マウス ホイールや右クリックを使用して、イメージの拡大と縮小を行います。また、イメージ ウィンドウでマウスを押したままにすると、ボリュームを回転することもできます。ズームや回転は常にボリュームの中心に対して行われます。イメージの回転に従って、その空間的な方向を反映するように [座標軸の方向] ウィンドウの軸が動きます。

表示ウィンドウで使用される背景色を変更するには、[背景色] をクリックし、色を選択します。

MRI データを一連のスライス平面として表示します。[スライス平面] をクリックします。このデータ ビューの拡大や回転を行うこともできます。3 つのスライス ウィンドウのスクロール バーを使用して、任意の平面にある個々のスライスを表示します。

[ボリューム] をクリックしてデータのボリューム表示に戻り、ボリューム ビューアーの諸機能を使用してデータが最適に表示されるようにします。たとえば、ボリューム ビューアーにはいくつかの空間参照オプションがあり、頭部ボリューム (既定のビューでは扁平な外観) がよりリアルに見えるようにビューを変更できます。[立方体にアップサンプリング] オプションを選択すると、ボリューム ビューアーでは各次元のサンプル数がボリュームの最大次元と同じになるように倍率が計算されます。この設定によって、異方的にサンプリングされたデータを正確にスケーリングされたように表示できます。データ ファイルにメタデータ (たとえば、解像度データなど) が含まれる場合、ボリューム ビューアーはメタデータを使用してスケールに忠実なボリュームを表示します。この場合、ボリューム ビューアーの既定の設定では、[ファイル メタデータの使用] オプションが選択されます。

ボリューム ビューアーのレンダリング オプションと [レンダリング エディター] を使用して、ボリュームの表示を改善します。ボリューム レンダリングは、表示が必要な構造を不透明に、表示が不要な構造を透明にするような適切な alphamap の定義、ボリューム全体におけるボクセル値の不透明度と透明度の定義、これらの強度値のカラー マッピングの選択などに大きく依存します。一定の明確な効果が得られるように、ボリューム ビューアーには、alphamap とカラーマップを自動的に設定する一連のレンダリング事前設定が用意されています。たとえば、CT bone データを適切に処理するビューを設定するには、[CT Bone] レンダリング事前設定をクリックします。[最大強度投影] (MIP) 事前設定は、透過した各 X 線の強度値がデータ全体で最も高いボクセルを検出するものです。MIP はボリューム内で強度が最も高い構造を示す場合に役立ちます。レンダリング事前設定を選択すると、その事前設定が行われた alphamap とカラーマップがレンダリング エディターに表示されます。既定の設定では、ボリューム ビューアーは単純な線形関係を使用しますが、それぞれの事前設定によってプロットの曲線が変更され、特定のデータ値の不透明度が増減します。

[レンダリング エディター] でボリューム レンダリングを編集します。レンダリング エディターはボクセルの強度、不透明度、色の関係を制御します。たとえば、[線形グレースケール] を使用して頭部 MRI のレンダリングを明るくする場合、カラーマップ エディター内でクリックしてスケールの白い終端近くに新しいマーカーを作成した後、そのマーカーをスケールの暗い終端に向かって動かします。この方法で白色にマッピングするピクセル値の数を増やします。また、alphamap の操作で不透明度のマッピングを変更することもできます。ラインをクリックすると、ボリューム ビューアーにマーカーが追加されます。

データの最適なビューが得られるまで引き続きボリューム ビューアー機能を使用してください。

この情報は役に立ちましたか?