ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ内のテクスチャ領域の検出

この例では、テクスチャ フィルター関数を使用してイメージ内のテクスチャの領域を検出する方法を説明します。

イメージをワークスペースに読み取って表示します。図を見ると、背景は滑らかです。つまり、グレー レベルの変動がほとんどありません。前景を見ると、コインの表面のでこぼこにテクスチャが見られます。このイメージの前景ピクセルは背景より変動性が高いので、範囲値が高くなります。

I = imread('eight.tif');
imshow(I)

関数 rangefilt でイメージをフィルター処理して、その結果を表示します。範囲フィルターはコインのエッジとでこぼこが見えるようにします。

K = rangefilt(I);
figure
imshow(K)