最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

size

入力-出力モデルの出力/入力/配列の次元、および FRD モデルの周波数の数を照会

構文

size(sys)
d = size(sys)
Ny = size(sys,1)
Nu = size(sys,2)
Sk = size(sys,2+k)
Nf = size(sys,'frequency')

説明

出力引数を使用せずに呼び出すと、size(sys)sys のタイプと入出力の次元の説明を返します。sys がモデル配列の場合は、配列サイズも記述されます。同定されたモデルの場合、自由パラメーターの数も表示されます。sys がモデル配列の場合は、配列次元の長さもサイズへの応答に含められます。

d = size(sys) は、以下を返します。

  • Ny の出力と Nu の入力をもつ単一の動的モデル sys に対する行ベクトル d = [Ny Nu]

  • Ny の出力と Nu の入力をもつ動的モデルの S1-by-S2-by-...-by-Sp 配列に対する行ベクトル d = [Ny Nu S1 S2 ... Sp]

Ny = size(sys,1) は、sys の出力数を返します。

Nu = size(sys,2) は、sys の入力数を返します。

Sk = size(sys,2+k)は、sys がモデル配列であるときの k 次配列次元の長さを返します。

Nf = size(sys,'frequency') sys が周波数応答データ モデルの場合に周波数の数を返します。これは、sys.frequency の長さと同じです。

すべて折りたたむ

3 つの出力、2 つの入力、および 5 つの状態をもつ、ランダムな状態空間モデルの 3 行 1 列のモデル配列を作成します。

sys = rss(5,3,2,3);

モデル配列のサイズを確認します。

size(sys)
3x1 array of state-space models.
Each model has 3 outputs, 2 inputs, and 5 states.

2 つの入力と 2 つの出力がある、同定可能なパラメーターをもつ連続時間プロセス モデルを作成します。

type = {'p1d','p2';'p3uz','p0'};
sys = idproc(type);

cell 配列 type の各要素は、対応する入出力ペアのモデル構造を記述します。

モデルの入出力の次元と自由パラメーターの数をクエリします。

size(sys)
Process model with 2 outputs, 2 inputs and 12 free parameters.

R2006a より前に導入