Main Content

feedback

フィードバック データの可能性の特定

構文

[fbck,fbck0,nudir] = feedback(Data)

説明

Data は、"Ny" 個の出力と "Nu" 個の入力をもつ iddata のセットです。

fbck は、フィードバックを示す "Ny""Nu" 列の行列です。エントリ "ky,ku" は、出力 "ky" から入力 "ku" へのフィードバックの測定値です。値は確率 "P" (パーセント単位) で示されます。この解釈としては、出力 "ky" から入力 "ku" へのフィードバックがないという仮説の検定がレベル "P" で棄却されたという意味になります。この考え方は直感的であり、技術的には正しくありませんが、"P" を "フィードバックの確率" と見なしています。多くの場合、90% を超える値だけがフィードバックの兆候と見なされます。fbck の計算では、u(t) と y(t) の間のラグ 0 の直接依存関係はフィードバックの影響とは見なされません。

fbck0: fbck と同じですが、u(t) と y(t) の間のラグ 0 の直接依存関係をフィードバックの影響と見なします。

nudir: いずれかの出力に直接影響すると見られる入力、つまり入力から出力までの間に遅延がない入力の番号を含むベクトル。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

|