最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hasdelay

むだ時間をもつ線形モデルに対して真

構文

B = hasdelay(sys)
B = hasdelay(sys,'elem')

説明

B = hasdelay(sys) は、モデル sys に入力遅延、出力遅延、I/O 遅延または内部遅延がある場合は 1 (真) を、ない場合は 0 (偽) を返します。sys がモデル配列の場合、sys のモデルのうち少なくとも 1 つに遅延があれば B は真になります。

B = hasdelay(sys,'elem') は、モデル配列 sys と同じサイズの論理配列を返します。論理配列は sys のどのモデルに遅延があるかを示します。

R2012a で導入