最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fselect

FRD モデルの周波数点、または範囲の選択

構文

subsys = fselect(sys,fmin,fmax)
subsys = fselect(sys,index)

説明

subsys = fselect(sys,fmin,fmax) は、FRD モデル sys を取り、周波数 fminfmax 間の周波数応答の一部を選択します。選択する範囲 [fmin,fmax] を、FRD モデルでの単位で表します。IDFRD モデルの場合は、空でなければ SpectrumDataCovarianceData および NoiseCovariance の値も選択範囲として選択されます。

subsys = fselect(sys,index) は、インデックスのベクトル index で指定した周波数点を選択します。結果の周波数グリッドは次のようになります。

sys.Frequency(index)

参考

| | | |

R2006a より前に導入