最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

chgTimeUnit

動的システムの時間単位の変更

構文

sys_new = chgTimeUnit(sys,newtimeunits)

説明

sys_new = chgTimeUnit(sys,newtimeunits) は、sys の時間単位を newtimeunits に変更します。syssys_new の時間領域と周波数領域の特性は一致します。

入力引数

sys

動的システム モデル

newtimeunits

新しい時間単位。以下のいずれかの値として指定します。

  • 'nanoseconds'

  • 'microseconds'

  • 'milliseconds'

  • 'seconds'

  • 'minutes'

  • 'hours'

  • 'days'

  • 'weeks'

  • 'months'

  • 'years'

既定値: 'seconds'

出力引数

sys_new

新しい時間単位をもつ、sys と同じタイプの動的システム モデルsys_new の時間応答は sys と同じ。

sys が同定された線形モデルの場合、モデル パラメーターの上限と下限の両方が新しい時間単位にスケーリングされます。

すべて折りたたむ

伝達関数モデルを作成します。

num = [4 2];
den = [1 3 10];
sys = tf(num,den);

既定では、sys の時間単位は 'seconds' です。この時間単位を分に変更した新しいモデルを作成します。

sys1 = chgTimeUnit(sys,'minutes');

このコマンドは、ダイナミクスを変更することなく、sys1TimeUnit プロパティを 'minutes' に設定します。ダイナミクスが変更されていないことを確認するには、syssys1 のステップ応答を比較します。

stepplot(sys,'r',sys1,'y--');
legend('sys','sys1');

ステップ応答は同一になります。

chgTimeUnit を使用せずにシステムの TimeUnit プロパティを変更すると、システムのダイナミクスが変更されます。これを確認するには、sys のコピーの TimeUnit プロパティを変更して、元のシステムとステップ応答を比較します。

sys2 = sys;
sys2.TimeUnit = 'minutes';
stepplot(sys,'r',sys2,'gx'); 
legend('sys','sys2');

syssys2 のステップ応答は一致しません。たとえば、元の立ち上がり時間である 0.04 秒は 0.04 分に変更されます。

ヒント

  • chgTimeUnit を使用して、システム動作を変更せずに時間単位を変更します。

参考

| | | | | | | | |

トピック

R2012a で導入