Main Content

VHDL アーキテクチャとライブラリの名前およびモデル参照用のコードのパラメーター

このページでは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][グローバル設定][一般] タブにあるパラメーターについて説明します。

VHDL アーキテクチャの名前

生成された HDL コードの DUT のアーキテクチャ名を指定します。

設定

既定の設定: 'rtl'

生成された HDL コードの DUT の VHDL アーキテクチャ名を文字ベクトルとして指定します。

コマンド ライン情報

プロパティ: VHDLArchitectureName
型: 文字ベクトル
既定の設定: 'rtl'

このプロパティを設定するには、関数 hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、関数 hdlget_param を使用します。

以下に例を示します。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl(gcb,'VHDLArchitectureName','_rtl2')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param(gcs,'VHDLArchitectureName','_rtl2')
    makehdl('myDUT')

VHDL ライブラリ名

生成された VHDL® コードのターゲット ライブラリ名を指定します。

設定

既定の設定: 'work'

生成された VHDL コードのターゲット ライブラリ名。

コマンド ライン情報

プロパティ: VHDLLibraryName
型: 文字ベクトル
既定の設定: 'work'

このプロパティを設定するには、関数 hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、関数 hdlget_param を使用します。

以下に例を示します。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl(gcb,'VHDLLibraryName','__work1')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param(gcs,'VHDLLibraryName','__work1')
    makehdl('myDUT')

1 つのライブラリへのモデル参照用 VHDL コードの生成

モデル参照用に生成された VHDL コードの配置先を 1 つのライブラリにするか、個別のライブラリにするかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデル参照用の VHDL コードを 1 つのライブラリに生成します。

オフ

各モデル参照に、個別の VHDL ライブラリを生成します。

依存関係

このオプションは、ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が VHDL の場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: UseSingleLibrary
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、関数 hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、関数 hdlget_param を使用します。

以下に例を示します。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl(gcb,'UseSingleLibrary','on')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param(gcs,'UseSingleLibrary','on')
    makehdl('myDUT')