Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

タイミング コントローラーの設定

タイミング コントローラーの最適化

レートごとに個別のカウンターを実装することで、速度とコード サイズについてタイミング コントローラー エンティティを最適化します。

設定

既定の設定: オン

オン

HDL Coder™ は、タイミング コントローラーのコード内に複数のカウンター (モデル内のレートごとにカウンター 1 つ) を生成します。この最適化の利点は、高速なロジックが生成され、生成されたコードのサイズも通常は小さくなります。

オフ

モデル内のすべてのレートの生成に 1 つのカウンターを使用するタイミング コントローラーを生成します。

ヒント

たとえば、以下のように設計によって必要とされる場合、タイミング コントローラーのコード ファイルが生成されます。

  • マルチレート モデルのコードが生成される場合。

  • 特定のブロックに対してカスケード ブロック実装が指定されている場合。

このファイルには、別のエンティティまたはモジュール内のタイミング信号 (クロック、リセット、外部クロック イネーブル入力およびクロック イネーブル出力) を定義するモジュールが含まれます。マルチレート モデルでは、タイミング コントローラー エンティティは 1 つ以上のカウンターと複数のクロック イネーブルを使用して、1 つのマスター クロックから必要なレートが生成されます。

タイミング コントローラーの名前は、コードの生成 (DUT) のために選択されたサブシステム名と、プロパティ TimingControllerPostfix の現在の値から派生します。たとえば、DUT の名前が my_test の場合、既定のケースでは本製品は TimingControllerPostfix _tc を追加してタイミング コントローラーの名前を my_test_tc とします。

コマンド ライン情報

プロパティ: OptimizeTimingController
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

タイミング コントローラーのアーキテクチャ

タイミング コントローラーにリセットを生成するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: default

resettable

タイミング コントローラーにリセットを生成します。このオプションを選択する場合は、[クロックの入力] 値を [単一] に設定しなければなりません。

既定の設定

タイミング コントローラーにリセットを生成しません。

コマンド ライン情報

プロパティ: TimingControllerArch
型: 文字ベクトル
値: 'resettable' | 'default'
既定の設定: 'default'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。